2013年 12月 31日 ( 1 )

スキルアップ研修

1期生・2期生が合流しての
初めてのスキルアップ研修会が開催です^^/
b0108363_20185168.jpg

今回は初めての事件事例。
「佐世保女児事件」を取り上げました。

生得的に発達面での苦手を抱えていたとしても
ホルモン変動の激しい思春期であろうとも

生まれ持って犯罪者になる子はいないのです。

ただ、この事件を深く掘り下げてみると
見えてくることがあります。

それは、生まれ持った発達の苦手の課題と
親の関心の欠如が重なると
様々な問題が浮上しやすくなるということ。

加害女児の場合も、様々な不幸が重なり
起きた事件ともいえます。

子どもの人格形成の大事な時期に
親が絶対に倒れないという保障はありません。
昔は、親がその機能を果たせなくなったら
代替えの誰かが代わってくれる。
少なくとも「親」のみで育てるという不幸な時代ではなかったはず。

やはり「孤」育ての時代の代償ははかりしれない…
そう思えてならないのです。

なんとかしたい。
なんとかしなくちゃな。

参加された先生方も皆さん
同じ思いを強くしたようでした。
[PR]
by educare | 2013-12-31 20:20

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare