人気ブログランキング |

2013年 09月 15日 ( 1 )

国内企業4000社が加盟している最大手福利厚生会社(株)ベネフィットワン
「働きながら育てるシリーズ」セミナーがありました。
b0108363_18245833.jpg

b0108363_18255052.jpg

こちらは、講座終了後にご紹介された、お料理キッド。
細かく刻んだ野菜がたっぷり入っています。
b0108363_18263423.jpg

会場は渋谷です。
ヒカリエの並び、なんと!家族支援マイスター養成講座の第1回を開催した会場です♪
b0108363_18265379.jpg

b0108363_18272329.jpg


2回目の今回のテーマは「しつけ」、内容はこんな感じ…

しつけの目的
成長に合わせた課題
脳科学をふんだんに生かしてみよう!
(偏桃体・A10神経・前頭葉の育ち・習慣化のしくみ)
情報発信に一工夫
メリハリの効いた分類箱
どっちにする?戦法
タイムアウト
「ほら、もうここまできたよ」
褒めのアスリートを目指す!
情報入手の得意不得意
自分を上手に取り扱える大人に育てる

ものすご~く盛況でした!!

さすが、社会の第一線で働くWM。
知性あふれ、意識も高く、社会で自分を生かしながら
子育てに臨む皆さんは、切れ味が抜群です!

これからの時代は、女性が子どもを生み育てながら
成長に合わせて社会に関わる比重を増やす
柔軟性のある働き方をどうすればつくり出せるかを
みんなが一生懸命に考えていかなくてはいけない…そんな時代なんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の中には、母親が働くことを快く思わない方もいて
そういう人は、仕事を辞めて子どものそばにいるべきだと主張します。

子どもの育ちを一番に考えるのであれば
最初はべったりとした「量」を。
徐々に、成長に合わせて、「質」に変換していかなくてはいけません。

私が子育て相談をしていて感じるのは、今の時代
「徐々に成長に合わせて、量⇒質に変換する」ことの難しさです。

昔のように薪でご飯を炊く時代ではないのです。
はたきをパタパタ
ほうきを使ってはいて
雑巾で拭き掃除する時代でもない。
(今はルンバという優れものがあります。わが家にはないけど…)

しかも、子どもは一人か二人…いてもせいぜい三人。
(80歳の父は8人きょうだい、他界した母は5人きょうだい、私は2人きょうだいでした)

祖父母、曽祖父母が同居していて
毎晩、作る食事が7人分、8人分…というわけでもない。
(わが家は、夫が超多忙を極めた人なので、夕食はいつも3人だったなぁ…)

欲しい情報はすぐに手に入り
誰かと話したいとなれば
友人がいなくても、会ったこともない人が
かりそめの優しさをくれて、つながった気にさせてくれる…
いつでも、どこでも、時間を気にせず
そんな寂しさを癒すことも、インターネットが叶えてくれる時代。
(私は、人生なんて、「寂しさ」とどうつき合っていくかがテーマだと思っています。
そのつき合い方・向き合い方が、成長できないまま大人になる危険性の高い時代だなと思うのです)

面倒くさいものは、どんどん排除しても生きれる時代。
世の中、たった一人になっても
いつまでも「健康」であれば
一人で暮らせるようにつくられていく時代。
(いつまでも「健康」だったら…のはなし)

自分は誰かに合わせたり、謙虚になることはない。
だけど、誰も自分を気遣ってくれないと嘆く、わがままな時代。
(「謙虚さ」は、教えられるというより、身近な大人を見てまねるもの。ということは、育つ段階で身につけていない大人の中で、育った大人が多い、ということ)

冷暖房も完備で、不快なことは取り除く。環境も、人間関係もいつも快適。
なんとかする、なんとかしなくちゃという経験も
真正面から取り組むのではなく
ズルしてでも、ごまかしてでも、上手く潜り抜けられる方法を探す
…グッと踏ん張って、力をつける体験が、圧倒的に乏しい中で育ち

大人になると、不快・不愉快にたえられない人があふれる中で
常に相手を不快にさせてはいないか気づかい
神経をすり減らしながら生きなくちゃいけない時代。
(人に寛容になれない人は、否定され続けてきた人が多い、それでいてルールで人を縛ろうとしちゃう…悲しいなぁ)

犯罪が多くて、むやみに子どもを一人で外に出せない。
かといっていつも家にあがり込まれても困る。
行き場のない子どもたちが、下校後の遊び場を探しウロウロ…

不審者情報が瞬時に町中を駆け巡り
注意を喚起するものの、一向に減らず
不安におびえながら、子どもを遊びに出さなくちゃいけない時代。

学校帰りに寄り道をして、虫を探したり
近所のおばさんが「おかえり!」と声をかけ
もっていきなさいと焼き芋をくれるようなこともない。
子どもが粗相をすることに厳しく、寛容さがどんどん小さくなる時代。
(わが父が杖をつき「おかえり」と行き交う小学生に声をかけたら、びっくりして走って逃げたと言っていたっけ)

そんな中で、「時代の流れは早いのよ
しっかり力を身に付けさせなくちゃ、親次第よ」と
子育てにプレッシャーがかかる。
(ご丁寧に家まで電話をかけてきて、「これからの時代は大変ですよ」と勝手に話だし「右脳開発」「補習塾」「受験対策は大丈夫ですか?」と聞いてくる)

…時代は、大きく変わっているのです。
しかも、たいへん速いスピードで…。

自分の親が、私たちをどう育てたかということが
参考にならなくなるほど、速いのです。

ところが、考え方や風土だけは昔のまんま。

「母親は、子どものそばにいなくちゃ」
「昔は当たり前よ、そんなこと」
「まったく今の若い子はわがままで、辛抱強さがない」

私だったら、こう言います。

「母親は(父親も)、安心し、自信に満ちた姿で子どもと接することができるように、日々努力しましょう」

「昔はたくさんの人が助けてくれ、みんなが大差なく、苦しい生活の中に、支え合う風土をどっしりと中心に据えた、情報も「経験」によるところに支えられていた、価値観も単純でシンプルでしかもそれをお互いに共有できる時代だったの」

「でも、今は違う。やったことのない子育てを、手助けなく、無駄なく、効率よく、こなすことを求められ、そんな中で自分のバランス保ち、子どもの先々の将来を考え、情報を集めることに振り回される時代です」

「これからは益々変化が激しいグローバルな時代に突入です。生き抜くのに必要なのは、失敗を怖がらない、違いを受け入れる、人とつながる…寛容さであり、たくましさであり、思いやりです」

「その力を、母親一人で育てるのではなく、子育ての中にいろんな人を招き入れて育てるのです。たくさんの人の手を借り、雑多の中でいろんな人と出会わせ、いろんな経験を積ませ、嬉しいことも嫌なことも、一つ一つ肥やしになるように、目をかけて、手を添えて育てるのです」

「若い子は、将来の希望です。新しい時代を切り開いていくために、出来る限りの「自信」を育ててあげましょう。それが、先人たちの道を譲っていく時のマナーです」


子どもたちがしっかり生きていく力を育む延長線上に
母親が「働く」ことがあってもいいじゃないですか。
それは、育児放棄にはなりません。

成長に合わせて、質のいい親を維持していくための
大変重要なツールになるのかもしれませんよ。




NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第6回『子育てのイライラ対処法』
2013年11月19日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪


『社会性育てのレッスン(1~2歳)』
『社会性育てのレッスン(3~4歳)』

を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします。詳細はHPをご覧ください(先着20名)。 満員になりました。          
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/


『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html



子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com
by educare | 2013-09-15 18:24

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare