人気ブログランキング |

2013年 08月 31日 ( 1 )

『受験を楽しむ5つの心得』講座。
お写真は、スタッフのかわいいピース姿で♡
b0108363_2147769.jpg

個人的には、ものすご~く楽しい時間でした。それもそのはず。
経験談が中心の、主観的なお話を存分にさせていただいたので、大大満足^^
加熱するお受験を、冷静に、客観的に見ようとされている方ばかりがお集まりでした(さすがです♪)
皆さんとっても仲良しになりましたので「また集まりましょう♪」と約束して別れました。素敵だな~

それにしても「気になるなあ」と感じていたことが
私だけではなく、皆さんも同じように感じていたということに
やはりバランス感覚の長けた、素敵な方々がお集まりだ!と妙に納得してしまいました。

子別れという課題を抱えながら、密着することを余儀なくされる受験
膨大な時間とお金を投資しつつも、合格の見通しが立てにくい
毎月の定期テストに一喜一憂させられ
不安な中にいながらも、受験をすることは、お友だちの中でもなんとなく秘密で、誰も口にしない
(合否をめぐり、先々いじめられないように、お互いに傷つけないようにと、歪んだ気遣いがはびこっていると感じています←子どもたちは気にしていません。それにどんなに優秀な子でも、落ちることは十分にありうるし、貴重な経験をバネにすればいいわけです。ただ、そこまでのケアを誰も教えてくないし、個々の親の力量に任されているところに気がかりが発生しています。私は、親が気にし、親が子どもたちの世界を歪ませているんじゃないかと思っているのです。わが子を幸せにと願ったはずが、幸せから遠ざかってしまうパターンも意外と多いのです)

中学受験は、必然的に、親の孤独力と忍耐力が問われるなと感じています。
ところが、この力が弱いと、人一倍不安に揺れ、振り回されることが多くなります。
少子化の中で、塾産業も生徒獲得に必死で
下手すると、塾の先生を過剰に頼りがちとなり、これまた歪んだ大人の世界が展開する。危ない、危ない…
(なぜならば、わが子の将来の幸せを願うのは「親」であり、どうすれば合格できるかを考えるのが「塾の先生」だというこの区別が、あいまいになってしまうからです)

それでも私は、この時期に、子どもたちが勉強を一生懸命がんばることを
悪いことだとは、ちっとも思っていません。
(もう少し受験勉強にあてる時間を何とかできないものだろうか、とは思います)

勉強することは、人生において選択肢も広がるし
幸せに生きていくことに、より近づけるからです。

それに、受験して入る学校には、選び抜かれた素晴らしい講師の先生方がそろっていて
選りすぐりの教材、素晴らしい教授力を兼ね備えていらっしゃいます。
どの教科の先生も、ご自分の専門教科に惚れ込んでいて、研究の時間をお持ちなので
例え苦手な授業でも、とにかく面白い!という子どもたちはとっても多い。

トラブル処理も丁寧だし、学校の理念をちゃんと形にしていることも見事です。
ちなみに、どこの学校でも、子どもたちの抱える問題は同じように起きます。
ただ、問題の起こる量は圧倒的に少ないし、質も違う気がします。
必然的に、対応も違ってくるのは頷けます。

受験の持つ、一長一短・メリットデメリットの要素をしっかりおさえ
思春期の大事な時期の成長をしっかり見守ることを忘れなければ
いい経験になると思いますし、結局のところ「親次第」なんだと思うのです。

わが子の幸せを願う、素敵なご両親を支えたい…
このシリーズは、またいつかやりたいなと思っています。

さて、終了後、大急ぎで学校の講師会議に直行!
するとなんと!卒業生がいるではありませんか。
学生時代を振り返り、教えてもらった立場から、授業の工夫すべき点を教えてもらうという
面白い試みが行われていたのでした。やっぱりさすがの学校です!!こういうところがすごいんだなあ…
b0108363_2147326.jpg

終了後は、またまた大急ぎで駅構内にある喫茶店に移動。
家族支援マイスターを取得された先生から、気になる親子のことでご相談。
現場の誰よりも、問題の本質を見る目をお持ちでした。すごい!!
(美味しいお菓子をいただきました。トロ~りとしている美味しいケーキです。ありがとうございます)
b0108363_21471839.jpg

ものすご―くくだらないことです。
「吉田恭子」と検索すると、美しいヴァイオリン二ストの方しかアップされませんでした。
ところがなんと!今はgoogleではトップ!
yahooでも二番目にアップ!
しかも月に3回程度しか更新していないアメブロがです。
お読みいただいているんですね…これはいかん!
もっと記事を掲載していかなくてはと反省するのでした。
b0108363_21481397.jpg

by educare | 2013-08-31 21:46 | fami-sys講座

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare