人気ブログランキング |

2013年 07月 31日 ( 1 )

日ごろ忙しい皆さんへ

夏休み、思いっきり羽を伸ばしたあとは、必ず1冊は本を読むことを目指してください。
本を読む人と読まない人の差は、本人は気がついていないでしょうが、大変大きいです。
人を相手にする仕事の場合はなお更。
縁あって出会う人(親子)をしあわせに導けるか否かも
そして、自分の人生が豊かなものになるのか否かも
良書をどれくらい手にするかで変わってきます。
だからがんばって。

さて、私が最近手にした本はというと…ちょっとおじさん臭いです。
来月は「じっくりインプットを」と決めているので
感動ものの小説はその時に…ということにして、ご紹介。

「死後のプロデュース」(金子稚子著)
流通ジャーナリストの金子哲雄さんの奥さまが書かれました。
著者が、自分の死期が迫る中で取り組んだ「死後のプロデュース」
奇想天外の発想と生きざまに感動しました。

「メリットの法則~行動分析学・実践編」(奥田健次著)
人は動物だ!という認識を新たにさせられました。
持って生まれたプログラミング済の、いわば個人差ある反応性の違いを使って
どんな体験を積んだか。人は「経験」によって、人になるのです。
落ち着きのない子、衝動性の強い子、不安が暴走しがちな子でも理解できようになります。

そして、是非お勧めなのがこれ。
「そうか君は課長になったのか。」(佐々木常夫著)
b0108363_18242828.jpg

多くの啓発本は、いまや「志」ブーム。(正直、あまり好きなジャンルではありません)
でも、この本はどこかが違うと感じます。
読みやすいので、あっという間に読めます。
「ビッグツリー」という、著者の半生を書かれた本が有名ですが
自閉症の息子さんの子育て、うつ病を患う奥さまの看護に奮闘しながら
東レの社長に就任された佐々木さん(個人的に大ファンです)が書かれました。

この本は、主任候補の先生はもちろんのこと、新人の先生にも是非読んで欲しいです。
私が感動した部分を少しご紹介しますね。

第1章‐4人を幸せにするのが自分の幸せ
高い地位にいる人は、社会や人々のために尽くす義務がある
このことを「ノブリス・オブリージュ」というそうです。初めて知りました。

第2章‐9在任中に何を成すかを決める
今就いている職場や担当にはタイムリミットがあるのです。
自分が担当になっている間中に、何を成すかを考えてみてください。
なぜなら今がずっと…ではなく、必ず終わりが来るからです。

第3章‐18ほめるが8割・叱るが2割
叱ると最初は緊張して頑張るけれど、モチベーションが下がり長続きしないものです。
めったにほめず、叱ってばかりだと「聞き流す」という技を授けてしまうものです。

第3章‐19人事評価では自分を押し殺す
人を好きになるって技術なんだと思いました。
私の場合、基本的に人が好きなので、「嫌い」とはっきり言い切れる人は少ない。
それは、必ず魅力的なところを見つけ、見続けるということを習慣にしようとしているからです。
これって技術なんだと気がつきました。

第3章‐22異端児こそ大事にせよ
私は、筋の通ったちょっと変わった人が好きです。
意表を突く言葉が面白く、イノベーションを起こす役割を負う人は
一見、異端児と見られる人が多いからです。
上司への反対意見は大歓迎ですが
ただし、指示には必ず従う…これは基本中の基本だそうです。

第4章‐32上司の人間性に問題があったら
人をとことん責めたり、傷つけたり…例え仕事が出来ても
絶対にお近づきになりたくない人ってどこにでもいます。
そういう人は、根本的に直ることはないと見立てて間違いなしなんですって。
自分の人間性を深く反省して、修正できるとすれば、その人が本当に困ったり
大きな被害を被る時。なるほど~だから人は変われるものでもあるし
変わらないものでもあるのですね。どうすればいいかのアドバイスも書かれています。

第5章‐大局観を養いなさい
これは一番伝えたいことですね。私は学生時代に行った実習先のプロの方に教わりました。
新人であろうと、常に「自分がリーダーだったら」と大局を見る目を持ちなさいと。
広い視野・視点で見れる人になることは、トレーニングなんです。
主任になってから主任の役割を学ぶのでは遅すぎるのです。
人生無駄なし!無駄にするか否かは自分なんだということですね。

なんだか卒業生のみんなに、いつも叱咤激励している言葉のようですが
伝える人が違うと、感動が全然違うと、これも感動しました。
是非、お手に取ってみてください~♪


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『心配です…先生がとても疲れているよに見えるのです』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
by educare | 2013-07-31 18:23

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare