人気ブログランキング |

2012年 12月 21日 ( 1 )

3日連続の両親学級でした^^

さて、このところいろんな方々に
「今の時代の子育ての課題」やら
「これからの未来予測」について
ご意見をいただいています。

立場が違うと、関心を寄せるところが違い
問題の捉え方も随分と違うものだと感じ
大変勉強になっています。

いろんな視点があることを学ばせて頂いたうえで
私の感じている課題を改めて見つめてみると
より一層の普遍性が見えてきます。

企業は、良質な労働力の確保が重要で
効率重視で明確な数字での成果を求めます。
経済の活性化を第一に捉えた上で
余力のある範囲内での労働者の福利厚生。
ですから、育児時間も育児休暇も
できれば最小限に抑えたいというのが本音。

幼稚園は、今の時代、新しく立ちあげて…というよりも
先代から引き継いだものの、時代が変わり
経営をどうするかが課題という園は多いです。
認定子ども園の動きも合わせ
国の采配に依存せざるを得ませんから
向かうべき先が見えず、とにかく揺れています。

保育園は、慢性的な人材不足が一番の悩みどころ。
離職率も高い職種で、求められるレベルが高い半面
社会的認知と給与が割に合いません。
質の向上まで手が回らず
離職を食い止める手立てがないままに
どうしたら求人が埋まるのか…解決の見通しが立たないことに困っています。

国はというと、もっぱらの関心事は待機児童をどうするか問題。
このことを経済ありきで考えていますから
子どものしあわせ、家族のしあわせには
関心はとても薄い…
子どもが病気だろうが、残業が多かろうが
預け先を整備することに必死。
親が本当に願っているのは
子どもが病気の時ぐらい、気兼ねなくそばにいてあげられることだし
小さいうちは残業せずに、ウエイトを子どもに置き
成長に合わせてキャリアのアップダウンを柔軟に支えてくれるしくみなんじゃないかな。
誰を中心に据えているのか、こう考えると益々???が増えます。

私はというと…日々の子育て相談から
とにかく子育ての孤立化を肌で感じ
まさに「孤」育てになっていることの弊害が心配でなりません。
母親が追い詰められ
子どもの育ちも気になり
行く末も大方想像できるだけに
なんとかならないかと思いを馳せるのでした。

それにしても時代背景がこんなに変化しているのに
幼児園は、相変わらず母親が専業主婦でないと通えないし
保育園は、働く母親であることが条件。

仕事を続けようかと思い保育園に通わせてみたけれど
もうしばらくそばにいてあげようと思えば
保育園を出なくてはいけません。

子どもを幼稚園に通わせていたけれど
家の事情でフルタイムで働く必要が出てきた場合
母親が働くことがどこまで可能かは園次第です。
一体、誰のための施設なのでしょう…

これは、実際に私のところに相談に来た方の声です。

子どもは幼いほど、大人の都合通りには育ちません。
それに、わが子が幼児期の間
親が病気になる、リストラに合う、離婚問題が浮上する…ということが
絶対に起きないという保障はないのです。

臨機応変に、柔軟に対応する力を持ち
未来を担う子どもたちの心とからだと知性を育てることに
専門性を極めていこうと志す、真のプロ集団がいる施設はどこなんだろう…

改めて、どの方向に向かって整備をしていくのかが気になります。
私の最大の関心事は、あとにも先にも
子どもを育てる家族、特に母親を少しでもしあわせに導くこと。
それが強いては、子どもをしあわせに導けると実感できるからです。


056.gif056.gif056.gif
『トイレットトレーニング☆トレーナー養成講座』のお申し込みは
満員となりましたので、締め切らせていただきました。
たくさんのお問い合わせ、お申込みをありがとうございましたm(_ _)m


子育て講座や職員研修・メール相談に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif
「心が軽くなった♪」「子育てが楽しくなりました」と好評の子育て講座と
「皆さんは、こんな時どうしているのかしら?」と知恵を出し合う
シェアリングの場を合わせた“子育てcollege”を開催します♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください
(こちら→)http://family-system.webnode.jp/

『おつきあい、重たいものを軽くする10カ条』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
by educare | 2012-12-21 20:35

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare