人気ブログランキング |

2011年 11月 22日 ( 1 )

うちの親

「シズコさん」佐野洋子著 新潮文庫
b0108363_1565444.jpg

佐野洋子さんが、自分のお母さんのことを書いた本です。
お腹を抱えて笑いたい時は絶対におススメ♪

「四歳位の時、手をつなごうと思って母さんの手に入れた瞬間、
チッと舌打ちして私の手をふりはらった。
私はその時、二度と手をつながないと決意した。
その時から私と母さんのきつい関係が始まった」
「母は誰にもごめんなさいとありがとうを云わない人だった」

母娘の葛藤を赤裸々に書き、確か親族と問題にならなかったかな…。
でも、実際のお母さんは、お料理は上手で、来客のもてなしも見事で、優しい方。
こんな愛し方もあるんだなと思うんです。
そして最後に
“世の中の人はみんなどこか少しずつ狂っている”と記しています。

私や夫の読んでいる本を
いつのまにか自分の部屋に持ち込む子どもたち。
この本も、娘が持ち去っていました。そして…

『うちのお母さんも、どこか変だもんね』と言います。 
≪ドキッ…どのあたりが?≫ 

『そうね、まず親らしくないじゃない。普通、もっと子どものことを叱ったりするのよ。
友だちの話を聞くと、進路のこととか、勉強のこととかいろいろね。』 
≪いいじゃない、叱られないんだもん≫

『それに、いつも日本中の家族のことを気にしていて、視野が広すぎるのよね。
狭いよりいいけれど、夢が大きすぎると言うか、話が広すぎると言うか』
≪あぁ…そうきたか≫

『それから、世論に結構逆らっているじゃない?虐待やモンスターペアレントのことを
批判しないでかばうでしょ?あんなこと言う人、いないと思うけど』
≪かばっているわけじゃないよ、ただ、気づかないところを指摘しているだけ≫

『あっ…でもやるべきことはやってくれる。お弁当とかご飯づくりとか。
でも、あとは放ったらかしよね。まっ、叱られることが少なくていいけどね。』
≪そうでしょう♪ ≫

『そうそう!たまに、理不尽で感情任せに叱ることがあるじゃない?
でも、そのあと、ちゃんと謝ってくれるのよね。あれはすごい!!
だから私も、ちゃんと謝ることを学んだもん。
大人でもいるじゃない、自分のプライドを守るために悪いと思っても謝れない人。
うちは、そういうこと一度もないもんね♪』
≪ふふん♪ 偉いでしょ?≫

『よく笑うし、よくしゃべる…あっ、これはお母さんがというより、家族全員ね。つくづくうるさい家族だわ』
≪確かに、全員そろうとかなりうるさく、皆が勝手にしゃべっている…≫

辛辣な意見をくれるのは、娘だけだと実感…。
世の中の人は、私をすてきなお母さんだと思っているというのに
実はそうでもないということが、これでよくおわかりかと思います(笑)

私の中に、「普通」という言葉は存在しないんです。
そして、世の中の人は、みんなどこかちょっとずつ変だと思っているんです037.gif



子育て講座や職員研修・メール相談に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。

こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

『“遺伝50%” “環境50%” 』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
by educare | 2011-11-22 15:11

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare