人気ブログランキング |

2008年 05月 29日 ( 1 )

記憶の遺伝子☆

何かを記憶するには単純に繰り返すのが一番効果的だと言われています。
でも1,2回繰り返すだけで完璧になる人と
3~5回かかる人と
10回以上かかる人と個人差がありますよね…。
実はこれは遺伝子が関与しているのでは…と言われています。(ドキッ☆)

まあそれはおいておいて
実はアミノ酸の一種、グルタミン酸が記憶力アップに関与していることは周知の通りですが
さらに面白いことがわかってきました!
胎児の脳にあるグルタミン酸受容体と
大人の脳にあるグルタミン酸受容体では
型が変化しており
胎児の時代の受容体の方がグングン吸収するタイプ=記憶に定着しやすいタイプ
であることがわかりました。
なんで大人になると記憶が悪くなる型に変化しちゃうのでしょう・・・
それは、新しいことを覚えていくのに脳に負担がかからないようにするしくみが働いているからだそうです。

小さいうちは生きていく上において急速にいろんなことを覚え
記憶に定着させないといけません。
記憶を整理し定着させているのは睡眠中とも言われています。
だから子どもはよく眠るのですね☆

やっていいこと、悪いことを教えていくしつけも
反復することで効果的に記憶できるようになります。
子ども時代に「いい」「悪い」を丁寧に繰返し反復して伝えていくのがいいようです。

31日(土)NPO法人ファミリーシステム「我慢・断念のトレーニング」では
脳科学をもとに、さらに詳しく解説していきます☆
by educare | 2008-05-29 21:55

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare