人気ブログランキング |

2007年 11月 29日 ( 1 )

男の子★女の子

秩父幼稚園にお邪魔してまいりました♪
車窓の風景があまりも美しく・・・
車内では「わぁ♪きれい♪」と歓声があがっておりました★
b0108363_15384126.jpg
b0108363_1538528.jpg
b0108363_1539674.jpg
b0108363_15391737.jpg
b0108363_15392786.jpg
b0108363_15393862.jpg

『男の子★女の子…性の不思議』

性染色体XY→男の子
性染色体XX→女の子

このYが男の子らしさをつくるのに大活躍するのですが
実は妊娠2ヶ月までは、どの子もみんな女の子♪
ところがYを持ったものだけがその後精巣を作り出し
出産前後に大量に男性ホルモン(アルドステロン)を浴びるのです。
この結果、脳が男性化していくのです・・・

その後も5歳頃に小さく浴び、思春期になると短期間に大量に浴びるのです。

男性ホルモンをそれほど浴びなかった女の子は(女の子も副腎から分泌される男性ホルモンを浴びています・・・)女の子らしい脳を作っていきます。

けんか遊びが好きなのは男の子!
見ていると、けんかのように見えるのですが
傷つけたり、攻撃したり、威嚇したり、降参する・・・といった信号は送られず
絶えずやる側やられる側が入れ替わります。

実はこのけんか遊び・・・とっても意味深いものなのです。
将来やってくる思春期…一気に攻撃性が高まる時期・・・
ぐっと抑えて葛藤をコントロールするのに役立つのは脳の前頭連合野です。
ところがこの部分の発達には大変時間がかかりどうしても暴走しがちになります。
子ども時代にけんか遊びに夢中になる男の子は
ギリギリのところでグッと踏みとどまる練習をしているともいえるのです。

「これ以上やったら怪我をさせてしまう」
「このままでは危険」

といった防波堤は、同じようなギリギリを体験し
踏みとどまる体験の経験値が支えているといえるのかもしれません・・・

お母さんは男の子のギリギリの体験練習にはちょっと向かないかもしれません。
大活躍なのが同じY遺伝子を持つお父さん♪
お父さんが男の子と遊ぶ時、子どもはどんどん興奮しエスカレートしていきます。
ところが、興奮のあまり危険なことをしでかすと「NO!」と言って遊びを中断させます。
また一緒に遊びたくて、子どもは自分を抑えて「また遊んでよ」とせがみます。
こうやって社会性を身に付けていくようです・・・

お父さん♪やっぱり子育てにはお父さんが必要なんですね♪

次回は12月16日です♪
『親の役割…父の仕事』です★お近くの方は是非おいでください♪
by educare | 2007-11-29 15:39

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare