人気ブログランキング |

2007年 08月 24日 ( 1 )

私ってどんなタイプ?

picottoママ講座でした★
今回はママ自身、自分を分析してみよう♪ということになりました。
自己分析はたくさんの手法があり、たくさんの解析の仕方があります。
どれかひとつを取り上げるというのは、ステレオタイプ的になってしまうため
自分とは…という「自己概念」がどのように作られるのか。
他人をみるときに自己概念が知らずに入り込んでいたり
人との関係の積み重ねが「自分って…」を形づくるというお話をしました。

子ども時代、親や大人たちに「この子は…」と、どんなコメントをもらった記憶があるかをたずねました。
実は、その時のコメントが自分づくりに随分と影響を受けております。
「落ち着きがない子」「おとなしい子」「おてんばな子」「騒々しい子」…
おなじ内容でも長所としてとらえれば
「反応のいい子」「じっくり取り組む子」「元気な子」「自己表現の巧みな子」
と言われて自己概念を形づくることもできるのです。
もし、受け入れられない自己概念を持ち続けていたとしたら・・・
我が子が同じ性質を持ち、自己表現してきたら・・・
受け入れがたい思いとともに、なんとか強制したい思いにとらわれる可能性もあるのです。

これからの時代、自己概念をいかにしっかりと、そしていかに柔軟性に富んだものとして作り上げたかどうかで随分と違いが生まれることでしょう。
ニート・モラトリアムという言葉が世間を騒がせる背景に
自分探しに奮闘し、輪郭のはっきりした自分を見つけることができない若者がたくさんいます。
豊かな時代の副産物なのでしょうが
いい年になっても「自分探し」では、再起もそう簡単な時代ではありません…
まずは、とにかくやってみること♪動いてみること♪挑戦してみること♪
そのうち「自分」の輪郭がぼんやり見えてくはずだよ…と伝えてあげたいものです。
by educare | 2007-08-24 14:49

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare