人気ブログランキング |

2007年 05月 31日 ( 2 )

ようこそ赤ちゃん♪

今日の両親学級は、土曜日開催のように満員でした★
50名以上いらしたのでしょうか…大きく円になっての講座、とっても楽しかったです♪

ダメと言って世の中にあるルールを伝えながら社会性を育て自立を促す父性的役割
大丈夫よといって安心や安全を与えながら温かい愛情で包んであげる母性的役割

この相反する二つをいつでもどこでも子どもが必要とする時に子どもの発達に合った方法で提供していくのが親の役割です。ところが実質は、母親がたった一人でこの二つの役割を負うところに様々な課題が出ております。是非ともお父さん!家族のプロデューサーとなって家族運営が上手くいくように関心を注ぎ続けてください。
  *活動の詳細はファミリーシステムにてご紹介しています♪
by educare | 2007-05-31 19:13
自殺者が年間32000人という数字が出ています。そのうち仕事を理由とした過労自殺は1800人…。これは氷山の一角ではないかという見方をする専門家が多数だそうです。

気になるのは20代半ばから30代の方に山が出てきたということ。
「最近の若者は精神力がない」だとか、「過重労働の現状が追い込んでいる」だとか…
様々な意見があるようです。ただ、自殺をしてしまった方の軌跡を辿ると、ノルマや過重労働に徐々に追い詰められていき、抱え込んでしまう性格が相乗効果となって追い討ちをかけ、転がり落ちていく精神状態を止められなかった…という様子が伺えます。

20代半ば~30代となると団塊ジュニア終盤の世代の方でしょうか…。
時代に原因があるとは言いません。
今の社会では、競争レースに乗るまでが大変で選手に選ばれることを目指しがんばります。ところが運良くレースメンバーに名前があがると、次には期待されている分応えたいとがんばります。ところが、走り出してしまったレースは止まることを許しません。苦しくても降りることに罪悪感を抱き、ひたすらがんばってしまう…。

何のために働くのか…。愛する家族を残し、自ら命を絶ってしまうという選択しか残されていないと自分を追い詰めてしまう・・・。本末転倒の悲しい結末に、残された家族は成す術もなく悲しみに暮れているという事実があります。

自己評価…皆さんはご自分をどのように評価していますか?
過大評価も過小評価も、生きるには容易くないかもしれません。でも、弱点も知った上で、自分の強味となる点を生かせていけたらどんなにいいでしょう。
追い詰められたときに、ふと客観的になれる自分がいたとしたら…
「馬鹿らしい。命かけるほどのことじゃない」と思える自分がいたとしたら…


私ができることは何かないだろうか…。
子育て支援という分野から、お子さんの、そしてお子さんを生み育てていかれる大人の方々への自己肯定感・自己評価アップ作戦なら得意かもしれません。自殺者を思いとどまらせることは出来なくても、これからの時代を担う小さな芽が、しなやかでたくましい大木に育つまでの過程に何らかしらの知恵を授けていけるのでは…と想いを巡らせるのでした。

★活動内容はファミリーシステム(NPO法人申請中)でご紹介しております。
by educare | 2007-05-31 09:34

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare