人気ブログランキング |

2007年 05月 01日 ( 1 )

尊敬する脳科学者の久保田競先生の奥様、久保田カヨ子先生(京都大名誉教授)のコメントでいい言葉がありましたのでご紹介♪
 2004年新潟中越地震で救出された2歳の男の子について、成長してどんな色を好むのかが興味深いとのこと。暗闇から救出されたとき明かりを見た強烈なショックをどう受け止めたのか…好きな色に表われるというのです。
 人は生きていれば日々様々なショックに出会います。初めて体験する出来事(見る・聞く・触れる・味わう…)に遭遇すれば少なからず皆ショックを感じます。この初めての体験をどう処理するのか…久保田先生は、いい処理方法を学ばせるのが“教育”だとおっしゃいます。いい処理方法が脳に蓄積されれば、それが知恵となり技術となり、その後の行動範囲を広げ、豊かな体験をどんどん増やしていけることでしょう♪
救出された男の子…たくさんの人たちの温かい心に包まれ、深い悲しみの体験をいい処理方法をもって学習したことで、きっと心豊かな人として成長していくことでしょう…。
by educare | 2007-05-01 18:13

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare