人気ブログランキング |

2006年 06月 28日 ( 1 )

自分を責めないで…

子育て広場で、涙を流されるママがいました。1歳半過ぎたのに言葉が出ない我が子に、夫は「自閉症じゃないか・・・」と。言葉の教室に通う日々、毎日不安と葛藤の中で暮らしていらっしゃることに胸が詰まりました。「自分を責めないでね・・・」と言うと涙を流され、ずっと自分の言葉がけが少なかったのではないかと何度となく責めていらしたのです。
そう、実は私も長女が生まれたときに、先天性代謝異常の検査で異常値が出たと知らせがあったとき、自分を責めました。「私が仕事をギリギリまでしていたからじゃないか・・」全く無関係なことはわかっているのに、自分に原因を見つけて責めないといられないような気持ち。母親であれば、こと子どものことでトラブルが生じると必ず自分を責めるものだと体験した瞬間でした(ちなみに長女は異常なしでした)。今回のママに話を戻しますが、お子さんには生まれつきの気質があるのです。私にも二人の子どもがいますが、長女は慎重で新しいものへの警戒が強く読書が大好き。辛抱強いところもピカイチです。長男は利発で物怖じせず好奇心いっぱいの目立つことが大好きな子です。この二人の性格を私なりに分析し、将来大人になったとき、自他ともに困ることのないようにと親としての関わり方を工夫しています。今回相談にあったお子さんにも生まれ持った気質の特徴があるのです。心地よいと子どもが感じる心のキャッチボールが上手く入りにくい特徴です。子どもが成長する上では欠かせない心地よいキャッチボールの繰り返し・・。ここをしっかり入るように関わるテクニックが必要だとお話しました。障害の云々という以前に、子どもの生まれ持った気質をいち早く捉え、将来自他共に困ることのないように関わる・・・そのための知識も子どもと関わる専門家は熟知していってほしいものです。
by educare | 2006-06-28 17:47

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare