人気ブログランキング |

2006年 06月 23日 ( 1 )

またもや事件…

奈良でまたショッキングな事件が起こりました。医師の父を持つ16歳の少年が自宅に火を放ち3人が亡くなりました。びっくりしたのは、彼が発見されたときの様子です。サッカー見たさに他人の家に侵入し、テレビを見ていたというではないですか。冷蔵庫にある葛きりを食べようと取り出したが賞味期限が切れておりゴミ箱に捨てたなど不可解な行動もあります。とても身内を殺した後の行動とは思えない冷静沈着さと幼さを感じます。理解不能な事件が起きる度に、脳の育ちの危うさを感じずにはいられません。人らしさを司るのは脳の前頭連合野です。共感力、統率力、協調性、分析力・・・etc。この前頭連合野の臨界期は8~10歳と言われています。この部分の育ちの危うさが事件と密接に関係していると多くの脳科学の専門家は分析されています。不登校の数も増加の一途を辿り、ニートや引きこもりも目が飛び出るような数字です。そこにきて不可解な事件の連発。先進国にして驚く数字と国連からも警告が出されたのが1998年のこと。加熱する学力競争が原因と指摘されましたが、今の現状を教育事情にだけに追求するのは限界ではないでしょうか。脳の前頭連合野が育つまでの時期の子育て環境を全般にテコ入れする必要を感じます。子育てにもっと社会の温かい目と手を差し伸べる必要があるのです。日夜最前線で子育ての悩みを聞いていると、子どもを生み育てているママたちの悲鳴がたくさん寄せられます。国を動かしている偉い方々に言いたいです!こんな環境にいて子育てを楽しめるわけないじゃない!!もっと真剣に生の声を聞けば今の時代に何が必要かがわかるはずです。
by educare | 2006-06-23 17:45

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare