人気ブログランキング |

サルから学ぶ社会性学習♪

群れで暮らすニホンザルの生態を調べている先生方の調査で、面白いお話がありました。
1年~1年半の間はベッタリのサルの親子。その間に、様々なサルとの付き合い方を教えていくそうです。例えば好奇心旺盛の時期、見知らぬサルに近づこうとすると足を引っ張って止めるそうです。ただ、いろんなタイプのサルと上手く付き合っていかないといけないので、近くを通らざるを得ないときは「クー」と挨拶をしていくことを教えるそうです。頻繁に母ザルのおっぱいを飲みにやってくる子ザルに対し、しきりにグルーミング(毛づくろい)する母ザル。そうこうするうちに秋になり発情期へ。子作りに忙しい母ザルは、子ザルが近寄ってもあっちに行くようにと遠ざけ今度はサッパリと距離をとるそうです。仕方なく子ザルは仲間のもとへ行き、遊びにふけるようになりますが、その中で様々な年齢層のサルと戯れながら、付き合い方を学んでいくのです。そして母ザルの第2子出産と同時に大きな子別れとなるのです。

6年たつと立派なサル社会で生きていけるスキルを身につけ、今度は着かず離れずの距離を上手に保ちながら集団で生きていくということでした。
この間ヒトのように言葉で言い聞かせられることはありません。見て、体験して学んでいくのです。言葉はヒトだけに与えられた能力ですが、しつけに関しては体験に勝るものはないようです。体験につきものなのは「失敗」です。失敗の中から学びは広がり深まります。たくさん失敗を許してもらえる環境を用意してあげないといけないなぁ…と思うのでした★
by educare | 2007-07-02 20:32

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare