人気ブログランキング |

千の風になって…

紅白歌合戦で初めて聴いた方も多いのではないでしょうか。我が家でも、毎年恒例の大晦日、実家の両親も呼び、いつものようににぎやかにテレビを見ていました。するとテノール歌手の秋川雅史さんが登場し、聴きなれないメロディーと共に歌い始めたのです。気がつくと皆が黙り込み、歌い終わるまでひと言も発しなかったのです。両親含め、皆口をポカンと開け、食い入るように画面を眺めていました。あれからしばらくし、様々な番組で作者が不明であること、同じようにテレビに釘付けになり、亡くなった息子を想いハラハラと涙が止まらなかったなど、数々のエピソードがつづられるようになりました。
実は一昨年前の春、私の兄が突然の肺炎で他界。依頼、悲しむ両親を支えるうちに、無意識に自分の悲しみに蓋をして来たのでしょう。あの歌のおかげで、ひたすらに涙を流せるようになりました。でも本当に不思議です。悲しんで泣いているはずなのに、後味がいいんです…。そして必ず最後には「見ていてね!私のやりたいこと、やれることを精一杯思い残すことのないようにやってみるから…」と兄に話しかけ、再びやる気満々になっている自分に噴出しそうになるのです。なるほど!感情は喜怒哀楽というように、どれもがリアリティー溢れ、しっかりと体感できるようになると、エネルギーが湧いてくるのかもしれません。
悶々としている時があったら、静かに自分の気持ちに向き合ってみてください。ひょっとしたら思いっきり泣きたがっている自分がいるのかもしてませんよ♪
by educare | 2007-02-23 20:52

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare