人気ブログランキング |

“セロトニン”分泌しやすくする習慣

最近「生活リズム」についてお話しする機会が続いており、ご好評をいただいておりますのでここでもちょっとだけ触れてみましょう♪(本当は60分いただく講座なのでほんのちょっとですが…)

セロトニンという神経伝達物質をご存知ですか?例えば朝、外に出て大きく伸びをしながら胸いっぱいに空気を吸い込んだときに「あ~気持ちいい♪」と清々しさを感じたことがあるかと思います。気分が高揚するのと違い、幸福感がじーんと染み渡っていく感覚…実はこの時、脳の中にセロトニンがたくさん分泌されているのです。セロトニンがうまく分泌されないとどうなるか…
気分が鬱々とどんよりしたものになったり、また必要以上に不安がったり、パニック障害にも関係してくるのです。幼児期は、また違った効果を発揮し、絶対になくてはならない理由があるのです。それは何か…生まれてすぐに脳細胞同士を網の目上に結びつけ始めるのですが、この時どんな環境にも対応できるように必要以上に細かく結びつけていくのです。そして過剰に作りすぎたものや使わないものは整理していく作業“刈り込み”にセロトニンが関係しているのです。では、セロトニンはどうやったら分泌しやすくなるのか…。実は大変面白い特徴があり、リズム運動が分泌を促すのです。歩く、走る、自転車を漕ぐ、噛む、話す…考えたら、元気にハツラツと生活するそのものがリズム運動に支えられているという訳です。今朝早起きした娘と一緒にまだ薄暗い外に出て大きく深呼吸をしました。なんと気持ちよい感覚…あぁ今セロトニンがたくさん出たぞ~♪笑い声が、シーンと静まり返っている中に響いておりました…
by educare | 2007-01-21 08:31

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare