人気ブログランキング |

4つの生まれつきの気質

お子さんが二人、三人…といらっしゃる方は、驚くほどにそれぞれ全く違う性格を持つということは経験済みかと思います。これは生まれもった気質が大きく関係しているというのが通常の考え方です。この気質学、古代ギリシャ時代の医学の祖師ヒポクラテスがヒトをいくつかのタイプに分類したことが始まりといわれています。1900年代初期にはクレッチマーの体型論(体型で性格を分類)やシュタイナーの気質学がたいへん持て囃されました。講座ではトーマス・チェスの分類をよくご紹介しますが、今回は最近出版されたシュタイナーのこどもの気質についてちょっとご紹介♪

多血質:明るく、生き生き、明朗で活発。何にでも興味を持ち、好奇心が旺盛で、人なつっこい
胆汁質:怒りっぽく、気に入らないとかんしゃく起こす。力強く、リーダー的存在。
憂鬱気質:引っ込み思案。いつもまず不安があり、新しいことにしり込みする。人見知りする。
粘着気質:何事もゆっくりでおとなしい。まわりの子と一緒にというよりは一人遊びを好む。

なんだか聞きなれない面白い名前が付けられているのが印象的ですね。
これらの気質は、どの人の中にも必ずこの4つの面はあるそうですが、どこに比重が強く出るかによって個々の違いが生まれるというものです。大人や教師は子どもの気質に合わせて関わる必要があるというのがこちらの説です。
ご興味のある方は共同通信社「気質でわかる子どもの心」広瀬牧子著をご覧ください♪
by educare | 2007-01-19 20:22

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare