人気ブログランキング |

プレパパ&プレママとの一日♪

今日は、都内の保健センターで行われている両親学級の講座『親になるために』に行ってきました。お父さまの参加が大変多くてびっくりです!最近のお父さまは意識が高いですね~初めに皆さんに聞いてみました。「間もなく親になるパパ・ママの不安や気になることはなんですか?」・・・。ママはやはり出産に関することが圧倒的に多く、痛みはどれくらい?順調に出てくるの?などなど。それに比べてパパは将来を見据えたしつけや父としての役割についてもっと知りたい!とおっしゃっていたのが印象的でした。そう!父の役割は大変大きいのです。最近父親不在が叫ばれていますが、何が問題なのでしょうか。家族心理学にそのヒントがあるようです。実は、子どもは親から二つの異なる要素(母性・父性)をもって関わってもらう必要があるのです。母性包み・安心させ・慰め励ます・・・という仕事、父性区別する・限界やルールを伝える・線引きをする・・・という仕事。毎朝欠かさず一緒に食事を囲む父や授業参観に参加する父が、本来の父性としての役割を果たしているという訳ではないというのです。朝食を一緒に食べている父、授業参観に参加する父・・・どれも子どもを安心させる母性としての役割を果たしているに過ぎないということです。逆に、危険な所に近づいたり、悪いことをしたときには母親であっても叱ります。これは父性の役割を行使しているということになる訳です。ただ、ここで問題発生!父が慢性的に不在となると、この二つの異なる要素を母一人が担わなければならなくなるのです。考えても見てください。「ダメ!」と限界を伝え葛藤し泣き叫ぶ子どもにすかさず「よく我慢できたね」と包んであげる・・・。こんなことが必要となる場面は、日常茶飯事いつでもどこでも起きるのが子どもです。いつもいつも丁寧にこの二つの役割が行使できるとしたらこれは人間業ではありません。母一人に育児が限定されていれば多くの場合、安心させることも、限界を伝えることも不完全になってくることでしょう。そして、子どもにとって家の中に父が不在となれば、外に出ても探し続けていくことでしょう・・・。

今日ご参加いただいたパパ&ママ、ご好評いただきありがとうございました♪
もっと回数を増やして聞きたい!とおっしゃってくださった方々、こちらこそ夢と希望をおすそ分けしていただけた気分です!またいつかどこかでお会いしたいですね!
by educare | 2006-07-21 19:30

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare