人気ブログランキング |

2Q最後の授業^^/

2クウォーター最後の授業…
今日は感染症を徹底的に学びました^^
b0108363_17522398.jpg
b0108363_17524764.jpg

そもそも感染力が強いウイルスの多くは
人が、鳥・家畜を一緒に飼うようになって流行するようになったものが多いのです。

そもそも麻疹(はしか)も
以前はこの世に存在しませんでした。
ところが犬と家畜を一緒に飼うようになって誕生!

近縁のウイルスでは
子犬にかかるジステンバーウイルス(55%は死亡)
家畜のリンダーペストウイルス(95%死亡)があり
これらが影響し合い、人にうつるようなかたちとなって
新たに発生したものがはしかのウイルスだといわれています。

16世紀ごろは、麻疹による死者が大量に発生する時代だったようです。
そもそも南米も、ヨーロッパ人が家畜とともに移り住むまでは
麻疹は無縁でした。
ところがアメリカ中に大発生!!
実は、マヤ文明やアステカ文明が急速に滅びた要因の一つに
麻疹の大量死があるとも言われているくらいですから…。

ところがウイルスも、人を次々殺してしまっては
自分たちの存続も危うくなります。
なので、今のようなマイルドなもの(弱毒化)に変化して
落ち着くことにしたのかもしれませんね。
(とはいっても、肺炎や中耳炎、脳炎を併発することの大変多い感染症です)

麻疹は、1歳から予防接種が受けられます。
ところが、にもかかわらず
流行することがあります。

その多くは2歳以下で
ほとんどが予防接種が未接種であることが判明!

保育園にお勤めになる先生方は
お子さんが1歳になったら
『はしかの予防接種を必ず受けてくださいね』
と確認をとってくださいね!

万が一、感染したお子さんが出たら
玄関にその旨を張り出し
初期症状(カタル期の症状とコプリック斑の発見)に
注意を払うことを呼びかけて欲しいと伝えました。

授業最後の確認小テストでは
ほとんどの子が満点でした!≪ぱちぱち038.gif
by educare | 2011-07-21 18:22

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare