人気ブログランキング |

寛容さが欲しい…

b0108363_12163937.jpg

9月7日付の朝日新聞朝刊の記事です。

山田洋次監督のインタビューが「家族」という記事の中に
大きく取り上げられていました。


山田洋次監督と言えば
「寅さんシリーズ」は有名ですが
最近では「おとうと」という映画で
久しぶりに泣きました…
(映画館に一人で行って号泣し…先週末にDVDをレンタルしてまたまた号泣して…)


世の中の規格外とされるような
はみ出されてしまった主人公と


優しくて知的な姉の繰り広げる日常を
淡々と描いたものなのですが


どうしてでしょう…


ものすごく泣けるんです。


私たちって
世の中が求める規格の中に
一生懸命子どもを押しこめようと
育てていないかな…


幼少期から
規格外の宣告を受けないように


成長を見守るというより


帳尻を合わせようと必死になっている…



「そんなことしていたら追いてかれちゃうわよ!」
と脅かしたり



「いつまで休んでいるの?」
と急かしたり


その心の裏腹には
規格外宣告を受けないように
という願いがいっぱい積まれている…



山田洋次監督はおっしゃいます。


『家族って
 そんなにあたたかいものではないよ』



「寅さん」でも「おとうと」でも
家族が対立する場面がありますが



どんなに大喧嘩をしても
結局一緒の屋根の下で暮らしていくんだという
認識を欠かさない…



だから決定打となる言葉は絶対に言わない。



狭い都心の住宅で暮らしていくには
それ相応の人間関係ノウハウが必要で



昔は地域の中に
うっとおしいほど
学習の場面が用意されていたのかもしれません。



「出て行ってちょうだい!」

それだけは絶対に言っちゃいけない…



だって

一緒に暮らしていくしかないんだもの…。



上手にぶつかり合いながら
上手にケンカをして
上手に仲直りをして



どうしたらいい家族がつくれるのか…


ひょっとしたら
映画の中で寅さんが言うセリフ

「それを言っちゃおしまいよ」

という中にヒントがあるのかもしれない
…と記事は締めくくります。



何度も何度も繰り返して
失敗をして許されて
また…努力して…。



家族ってやっぱり
知恵を使って
作り上げていくものなんじゃないかな…と思います。



その知恵を出し合う場がもっと身近に欲しいなぁ…
そんなことを考える今日この頃です。



『人を簡単に切り捨てない価値観…』

を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
では、子育てに役立つ情報を随時掲載しています♪
ママもパパも専門家の方もどうぞ☆お待ちしております
058.gif058.gif058.gif
9月25日ワーキングマザー講座決定053.gif
仕事と子育ては両立可能です!
でも…子どもの心育てにおいて是非知っておいていただきたいコツがあります。
それさえ心得ていれば大丈夫!
広い視野と奥行きのある価値観という新しい風を
家庭の中に送り込むことができるのです。

今すぐではなくても
子どもの成長に合わせてちょっとずつ…という方もこの機会にぜひ♪
知っておいて『よかった!』と思うはずですよ…きっと!
072.gif夫婦の協力関係を築くコツ
072.gif総菜に頼らない栄養満点の簡単レシピ
072.gif103万円・130万円の壁…賢く働く
 などなど盛りだくさん!詳細は↓↓こちらまでどうぞ♪
NPO法人ファミリーシステムhttp://family-systemnext.comはこちらです♪
by educare | 2010-09-08 12:16

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare