人気ブログランキング |

絵画に秘められたもの

b0108363_5103130.jpg

サルバドール・ダリの『記憶の固執』です。
有名な絵ですので
見たことある方も多いと思いますが
この溶けてしまいそうな時計が印象的で
ダリの中では一番好きかな…。

美術部の娘が
友だちとよく画集を交換しては
持ち帰ってきます。
≪このダリ画集も友達にお借りしたもの…≫

シュルレアリスム(超現実主義)の時代のダリ。

難解な絵が多いので
私には…?…であることが多いのですが
多感な女の子たちの間では
ひそかに人気のようです。

ダリのテーマには「不死」があります。

いつも死を恐れていたのでしょうか・・・。

彼の生い立ちをみるとちょっとだけ理解できるところがあります。

彼には
彼が生まれる9か月前に亡くなった兄がいました。

悲しみに暮れた両親でしたが
彼の誕生で
どんなにか救われたことと思いますが

ダリは
自分が愛されているのは
亡き兄の身代わりだから…という強い思いがあったといいます。

そして父親との間に生まれた深い溝と確執…
間に入って中を取り持とうとする母親との密着した情緒関係

彼は人妻であったガラと恋に落ちます。
実は彼女が彼を深い悲しみと不安の底から
救い出したようなのです。

『妻であり、母親であり、女神であった…』
ダリの妻に対する思いがよくわかる言葉です。

妻ガラが亡くなるとダリは
『私の人生のかじ取りを失った…』
と再び深い悲しみを体験するのでした。
≪女性の多くはガラがモデルとなっています≫

ダリにとってはいつも「死」が身近にあり
「偽り」や「恐怖」があり…

自分が自分として生きていることを確認したくて
虚構の世界をつくっていったのかな…
と思ったりします。

たまには絵画鑑賞もいいですね~023.gif


『なんとかなる!の体験値』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
では、子育てに役立つ情報を随時掲載しています♪
ママもパパも専門家の方もどうぞ☆お待ちしております
058.gif058.gif058.gif
NPO法人ファミリーシステムhttp://family-systemnext.comはこちらです♪
by educare | 2010-07-08 05:25

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare