人気ブログランキング |

母は特別なり…

母親が仕事を持っている場合
子どもは保育園に預けるか
実家の母に預けるか…が多くなります。

すると、幼いわが子は
一緒に居る時間の長い保育園の先生や祖母に懐き
「母親は私なのに…」
と寂しさを募らせることがあります。

きょうだいが多いと
一人一人に手をかけてあげることが出来ず
子どもは父親や同居している祖父母に懐くことがありますが
この場合もやはり耐えがたい寂しさを感じます。

…でもご安心あれ!
いくら誰かに懐いたとしても
かわいそうですが、所詮母親の代用にしか過ぎないのです。

戦争を経験したお年寄りの話を聞くと考えさせられるのよね…
と言った友人がいました。
(彼女は訪問看護の仕事をしています)

  『戦火が迫り、もはやなす術もない…
  自決するしかないと追いつめられた人々が
  最後に叫ぶ言葉は“天皇万歳!”なんかじゃなかったよ
  誰もがみな泣きながら“お母さん”と言って
  死んでいった…大の男がみんなだよ…』


いくつになっても子どもにとってのお母さんはやっぱり
かけがえのないたった一人のお母さんなんです…
自信を持っていきましょう058.gif
by educare | 2010-02-23 22:07 | ワンポイント☆レッスン

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare