人気ブログランキング |

ハンディキャップは強み★

ハンディキャップは、活かせばそれはもはや障害ではないのです♪001.gif

葛飾北斎・・・彼が描いた浮世絵は知っていますが
彼の素性はよく知りませんでした・・・

実は、彼は大変な転居癖があり90歳までになんと93か所も転居★
また、改名癖も大変なもので分かっているだけでも27回・・・

同じ時期に活躍したとされる浮世絵画家に写楽がいますが
彼の素性はまったくもって知られていません。
実は北斎が写楽を名乗っていた時期があったのでは・・・という説もあります。

その彼は、片付けが大の苦手・・・008.gif
部屋の中は散らかし放題。
創作活動に支障がでると
その都度引っ越しをしていたそうな。
実は片付けの能力にはワーキングメモリーが関与しているのです。

視覚と聴覚の相反する刺激入力を統合させ
状況に合ったふるまいをし続けるワーキングメモリー。
この部分が不活発でも生活上不自然なふるまいはなく
“普通の人”という印象を持つのですが
ひとたび「片付ける」必要がある場面で問題が露呈。

ところがこのハンディが思いがけない強みとなって
傑作を生むことがあるのです。005.gif

彼は直観像素質(カメラ・アイ)で
見たものをそのままどこにいても何度でも繰り返し映像として思い出せる能力がありました。
≪私は脳は領土争いをするものと思っていますので
   聴覚刺激入力が弱ければ、補うように視覚刺激が長けるのではと思っています≫

動いているものも正確に目に焼きつけ
あとは、抱いたイメージ通りにどう表現するかに腐心する・・・
彼は大変な努力家でもありましたから
いくつになっても「まだまだ・・・」と納得いく表現を手に入れるまで努力を惜しまなかったのです。

非凡である以上、その強みも弱みも引き受けなければならない人生・・・
当人は周囲が思うほど幸せであったかどうかはわかりませんが
ハンディキャップという視点を大きく変えさせてくれるエピソードでした♪038.gif

興味のある方は
「天才脳は発達障害から生まれる」PHP新書 著正高信男(京都大霊長類研究所)
に詳しく載っています058.gif
by educare | 2009-07-23 21:22 | ワンポイント☆レッスン

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare