<   2013年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『受験を楽しむ5つの心得』講座。
お写真は、スタッフのかわいいピース姿で♡
b0108363_2147769.jpg

個人的には、ものすご~く楽しい時間でした。それもそのはず。
経験談が中心の、主観的なお話を存分にさせていただいたので、大大満足^^
加熱するお受験を、冷静に、客観的に見ようとされている方ばかりがお集まりでした(さすがです♪)
皆さんとっても仲良しになりましたので「また集まりましょう♪」と約束して別れました。素敵だな~

それにしても「気になるなあ」と感じていたことが
私だけではなく、皆さんも同じように感じていたということに
やはりバランス感覚の長けた、素敵な方々がお集まりだ!と妙に納得してしまいました。

子別れという課題を抱えながら、密着することを余儀なくされる受験
膨大な時間とお金を投資しつつも、合格の見通しが立てにくい
毎月の定期テストに一喜一憂させられ
不安な中にいながらも、受験をすることは、お友だちの中でもなんとなく秘密で、誰も口にしない
(合否をめぐり、先々いじめられないように、お互いに傷つけないようにと、歪んだ気遣いがはびこっていると感じています←子どもたちは気にしていません。それにどんなに優秀な子でも、落ちることは十分にありうるし、貴重な経験をバネにすればいいわけです。ただ、そこまでのケアを誰も教えてくないし、個々の親の力量に任されているところに気がかりが発生しています。私は、親が気にし、親が子どもたちの世界を歪ませているんじゃないかと思っているのです。わが子を幸せにと願ったはずが、幸せから遠ざかってしまうパターンも意外と多いのです)

中学受験は、必然的に、親の孤独力と忍耐力が問われるなと感じています。
ところが、この力が弱いと、人一倍不安に揺れ、振り回されることが多くなります。
少子化の中で、塾産業も生徒獲得に必死で
下手すると、塾の先生を過剰に頼りがちとなり、これまた歪んだ大人の世界が展開する。危ない、危ない…
(なぜならば、わが子の将来の幸せを願うのは「親」であり、どうすれば合格できるかを考えるのが「塾の先生」だというこの区別が、あいまいになってしまうからです)

それでも私は、この時期に、子どもたちが勉強を一生懸命がんばることを
悪いことだとは、ちっとも思っていません。
(もう少し受験勉強にあてる時間を何とかできないものだろうか、とは思います)

勉強することは、人生において選択肢も広がるし
幸せに生きていくことに、より近づけるからです。

それに、受験して入る学校には、選び抜かれた素晴らしい講師の先生方がそろっていて
選りすぐりの教材、素晴らしい教授力を兼ね備えていらっしゃいます。
どの教科の先生も、ご自分の専門教科に惚れ込んでいて、研究の時間をお持ちなので
例え苦手な授業でも、とにかく面白い!という子どもたちはとっても多い。

トラブル処理も丁寧だし、学校の理念をちゃんと形にしていることも見事です。
ちなみに、どこの学校でも、子どもたちの抱える問題は同じように起きます。
ただ、問題の起こる量は圧倒的に少ないし、質も違う気がします。
必然的に、対応も違ってくるのは頷けます。

受験の持つ、一長一短・メリットデメリットの要素をしっかりおさえ
思春期の大事な時期の成長をしっかり見守ることを忘れなければ
いい経験になると思いますし、結局のところ「親次第」なんだと思うのです。

わが子の幸せを願う、素敵なご両親を支えたい…
このシリーズは、またいつかやりたいなと思っています。

さて、終了後、大急ぎで学校の講師会議に直行!
するとなんと!卒業生がいるではありませんか。
学生時代を振り返り、教えてもらった立場から、授業の工夫すべき点を教えてもらうという
面白い試みが行われていたのでした。やっぱりさすがの学校です!!こういうところがすごいんだなあ…
b0108363_2147326.jpg

終了後は、またまた大急ぎで駅構内にある喫茶店に移動。
家族支援マイスターを取得された先生から、気になる親子のことでご相談。
現場の誰よりも、問題の本質を見る目をお持ちでした。すごい!!
(美味しいお菓子をいただきました。トロ~りとしている美味しいケーキです。ありがとうございます)
b0108363_21471839.jpg

ものすご―くくだらないことです。
「吉田恭子」と検索すると、美しいヴァイオリン二ストの方しかアップされませんでした。
ところがなんと!今はgoogleではトップ!
yahooでも二番目にアップ!
しかも月に3回程度しか更新していないアメブロがです。
お読みいただいているんですね…これはいかん!
もっと記事を掲載していかなくてはと反省するのでした。
b0108363_21481397.jpg

[PR]
by educare | 2013-08-31 21:46 | fami-sys講座

読書会:-*

いつか必ずやりたいことの一つが「読書会」です。

仲間と集い、互いにお勧めの本を紹介し合う。
小説でもエッセイでも詩集でもいいのです。
どのあたりが「よかった」とか、「こんなこと考えちゃった」とか
思い思いの感じたことを語り合うのです…楽しいだろうな♡

さて、忙しい合間に今読んでいるのがこちら。
緩和ケアの医師で、1000人の患者さんを看取る中で
実践している傾聴を紹介。
b0108363_23175849.jpg

自分の存在が揺らぐときに感じる痛みを
*未来の消失
  …全てが終わってしまうと感じ、将来や未来を描けなくなる時の痛み

*関係の消失
  …周囲の人と心のすれ違いなどから孤独感を感じる痛み
 

*自分のことを自分で決める力の消失
  …できることがどんどん少なくなり、生きている意味があるのだろうかと
    自分で自分をコントロールして生きていくことすらできなくなることで感じる痛み

心の痛みに、ただひたすら耳を傾けることで、その痛みを緩和していくというすごい力が
「傾聴力」にはあるんですね。

17歳で亡くなった少女の言葉
手紙~親愛なる子どもたちへ~

本の中で紹介されている詩ですが、不思議と悲しいだとかつらいものではなく
癒される感覚に包まれます。
医療関係者だけでなく、人とかかわるお仕事をされている方
子育て中の方にもおすすめです♡

blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-30 23:10 | おススメの本・映画

思春期の子育て講座(^^)/

明日の講座準備の仕上げをしています。
思春期の子育て講座シリーズ
第一弾!「中学受験をお考えの親に送る~受験を楽しむ5つの心得」

準備をしている私が一番楽しんでいます♪
ほとんど主観的な内容がメインで、かつ、誰も教えてくれない
実体験に基づいたお話が中心だからです。
(受験をお考えでない方も、是非おススメします)

例えば・・・
b0108363_11342980.jpg

☆受験する子どもたちの偏差値は大差がない
☆試験当日は緊張して本領が発揮できないことも多い
☆受験する以上、公立への選択肢は少なくなると覚悟して
 …ただし子どもには選択肢はいつも豊富だと真剣に伝えること
☆親同士の情報は、思い込み・主観が半分以上で客観性に乏しいと心得る
  (振り回されないこと・親自身の孤独力を磨く)
☆チャレンジ!リベンジ!を実体験で学ぶ貴重な体験になる
☆親の姿勢・価値観・心構えが問われる作業の連続
☆塾の先生を想像以上に頼ることになるメリット・デメリット
 子どもの将来を考えるのは「親」
  どうすれば合格できるかを考えるのが「塾の先生」
☆合格がゴールではない!親にも人としていかに生きるべきかを教えるための塾が必要!

この他にも…

☆スランプに陥った時の対処法
☆一貫校の特色(私立・国立)
☆受験のメリット・デメリット
☆思春期育ての心得 などなど。

あす開催です。
参加者は思ったほど多くありませんでした(10名くらいです)
初めての試みとしてはちょうどいい人数です。
ゆったりとシェアリングを楽しみます♪
興味のある方は、まだ間に合いますので、下記へご連絡ください^^


さて、両親学級に行ってこなくっちゃ!行ってきま~す♪


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-30 11:33

走りきりました!(^^)!

さあ、今日も終日救急法のトレーニングです。
サポートしてくれるのはこちら。
びっくりしました。すごく美味しい~♪(続けて2本めも買ってしまいました)
b0108363_1826932.jpg

b0108363_18262853.jpg

「熱が出たら冷やす?それとも温める?」
「突然けいれんが起きたら、まず何をする?何を確認する?」
「吐いた時の脱水予防の水分補給はどうするの?」
「火傷したときは冷やすとは言うけれど、どれくらい冷やすもの?」
「擦り傷・切り傷・火傷…傷口は乾燥させるべき?乾燥を避けるべき?」
「吐物は感染源になると考えて、処理ってどうするの?」
「捻挫の後に冷やすとは言うけれど、どれくらい冷やすもの?」

医療的な対処では、根拠や裏付けを持って行うことが
とても大切なのです。

さあ、AEDや三角巾・包帯を使っての救急対処も頑張ります!
保育士の前に人として、困っている人がいたら、何かできる自分でありたいよね。うん、うん。
b0108363_18315031.jpg

b0108363_1827129.jpg

私の授業では、毎回プロジェクターやスクリーン、マイクを使います。
第2校舎で授業だった今日は、道路を挟み、教務室まで機材を運ばなくてはいけません。
何も言わなくても、いつも黙って運んでくれるメンバーです。ちゃんと知っているよ。ありがとう♪
b0108363_18274677.jpg

b0108363_1828535.jpg

家に帰ると、チーズリゾット♡
娘が勉強の息抜きに作ってくれました~♪
とっても美味しいです^^
b0108363_20351345.jpg

[PR]
by educare | 2013-08-29 18:25 | 学生・学校のこと♪
近大スクーリングが始まりました。
合同授業となり年々大規模化。
しかも終日、明日まで続きます。
以前はクラス毎でしたので10日間はかかっていましたが
忙しい私には、このパターンの方がありがたいです♪

さて、久しぶりに会う彼らです。1年生の頃とは様変わりしたなぁ…
私が初めて真剣に怒鳴った思い出深い学年です。(学校中に伝わりました^^;)
今では当然のことながら、立派になって、本当にかわいい…。
続々と内定の報告が届いています。これも嬉しい♡
生涯働き続けることを考えて、職員構成や研修の有無を気にして就職先を探していた学生も
バッチリ内定合格です!万歳!
b0108363_21322728.jpg

さて、今回は、救急対応をメインにすすめます。
事故・ケガの対処を、徹底して学びます。
いかに根拠のない対応や、裏付けのない保育が危険かを検証。みな真剣そのものです。
こちらは膨大な資料・レジュメ・そしてテスト~♪ 昨晩遅くまでかかってつくり直しをしました。
b0108363_21325616.jpg

なんと!今日は恐ろしいことに、休み時間抜け出して
鹿骨健康サポートセンターに車で移動。
両親学級を終えて再び授業に合流という
超ハードスケジュールをこなしました042.gif
b0108363_21332653.jpg

そして、彼らに書いてもらった「ヒヤリ☆ハット」体験談と、その時の対処です。
b0108363_21333773.jpg

これは面白いです。しかも、車の事故に遭遇することの多いこと!う~む、なぜでしょう?
世の中、こんなに自動車事故が多いということでしょうか??
また、「これ本当?」と思うような、実習先で彼らが遭遇した気になる対応も書かれていました。

例えば…

プール遊びで、3歳の子の上に5歳の子がうま乗りになり、溺れかけているのを発見。
危うく難を逃れたけれど、先生は子どもたちが先生の背中に次々乗る遊びをしていて
全く気づいていなかった。水遊びというプログラムに対して、人手が足りていない。
溺れる危険が大きいことが気になりました…とか

ピーナツアレルギーのあるお子さんに、園長先生が「少しくらいならいいんじゃない」と言って
食べさせていたことに、ヒヤッとしました…とか。

給食の配膳で、エビアレルギーのあるお子さんに、エビのふりかけを配っていてびっくりしました…とか。
(ちゃんと疑問を感じていることにホッとしたり、う~ん、現場の対応力が心配になったり…)

とにかく裏付けを持とう!!!
「なぜ?」「何のために?」「どんな根拠で?」
きちんと自分の中で自問自答し、応えられる保育を目指そう!

そう言って一日目を終えました。



blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-28 21:31

保育現場の混乱…

明日から大学スクーリングの授業が始まります。
救急法中心の授業のため、準備に追われています。

今は保育現場も大変です。
乳幼児突然死症候群やアナフィラキシーの対応など
子どもの命にかかわる場面に遭遇し
当然ですが、適切な判断を求められることが本当に多い。

また、誤食の問題も、実は課題が多岐にわたるなと感じています。
アナフィラキシーショックを起こすケースはそんなに多いわけではありません。
ところが、現場での認識の甘さが、誤食につながった場合…

お子さんがアレルギー反応を起こす

保護者が不信感を抱きクレームが寄せられる

先生方が自信を失い、離職へ

人手不足に拍車がかかりパート職員を多く採用

連携がとりにくく、情報伝達の不備などで、再びトラブル

悪循環の発生です。
これでは、成り手がいなくなってしまいます。
なんとかならないかな…。

・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今回は、地元の小児科の先生をご紹介いただき
早速、アレルギーでアナフィラキシーが起きた際の
対処について教えていただきました。

こちらはエピペンです。
しっかり握って…
b0108363_9122928.jpg

カチッというまで押し付けます。「1,2,3,4」ゆっくり数え終えるまで刺し続けます。
この際に、エピネフリンが注入。
(エピペンを使用した場合は、必ず病院に受診をします)

そもそもエピペンは、木こりがハチに刺された際に
ショックを起こしたことを想定してつくられたものだそうで
厚手のジーンズでもちゃんと注入できるように針が太くなっているそうです。
b0108363_9115932.jpg

ただ、ここで疑問です。
そんなに太い針であれば、刺した時に
痛みで足を引いてしまうことも考えられます。

針のゲージは説明書には書かれていませんでしたが
相当太いと考えて、一人は足を動かさないように
しっかり固定させる必要がありそうです。

そして、現場の問題となっている様々な課題を検討です。

エピペンの使用に関しては
症状を3段階に分けて、その対処を検討するガイドラインに準じます。
3段階めのグレードであれば、迷わず打つようにとありますが
でも正直、2段階と3段階で、判断に迷う…これはわかる気がします。

誤食をしてしまった場合
みるみるうちに瞼が腫れ、ひゅーひゅー呼吸が苦しそうになれば
誰もが、ショック症状だと判断できます。
でも、会話ができて、ちょっと咳き込む程度だったら…。
b0108363_9134571.jpg

判断基準はシンプルが一番!
小児科アレルギー学会では、下記の症状が一つでもあれば
打っていいという基準を検討しているともいいます。
b0108363_914113.jpg

ご指導くださった先生は、県内全域の学校の先生方にアンケート調査を実施。
「迷ったら打つように」という指導の大切さと、もう一つ
「打つべきだ」だけでは問題解決にならない
アメリカのように、毎年トレーニングを義務付けるなど
問題の本質に目を向けた対策を講じなければとおっしゃっていました。

さすがです!私もそう思います。
「間違って打ってしまった」
「副作用で重篤になってしまった」といった問題が発生した場合
(実際、重篤な副作用はほとんど考えにくいのだそうです)
訴追されないという法整備もとっても大切です。

「善の行為に、罪は与えない」
「守られなければ 守れない」

いろんな課題がありますが
対応の不備で助けてあげられなかったお子さんの命を無駄にしないためにも
心して取り組んでいかなければと思うのでした。


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-27 08:15
私が尊敬し、かつ、心から信頼している方をご紹介します。
内科・麻酔科医として、毎日たくさんの患者さんの診療に追われながら
在宅医として、終末期医療に走り回っているドクターです。

外来クリニック、老健施設、訪問看護ステーション…とたくさんの施設を抱えながら
時には自転車で訪問に走っています。

普通、お医者さまって、乗る車はベンツかBMW。
高級なブランド品を身にまとい、とっても偉そうにしている人って多いです。
でも、この先生は違うんだなあ…。

「在宅で死にたい」という患者さんの願いを叶えるために
直接先生と連絡がとれる携帯を、24時間365日絶対に手放さない。
自分が死ぬ時は、ぜひ先生に看取ってもらいたいという仲間は多いです。

実は、亡くなった母のことでも、途方に暮れていた時に
親身になって助けてくださいました。
(父が腰痛で苦しんでいた時も、助けてくれました)
なので、飲み会の席では、いつも言っているんです。
「先生のことは、私が看取ってあげます!」ってね(笑)

今回も、私の新聞連載・冊子発行を大変喜んでくださり
「俺にもちょうだい」
「待合室に置いていいよ、きっとすぐになくなるぞ」と言ってくださいました。
なので、お言葉に甘えて…♡
b0108363_18592789.jpg

このお花も、病院を再開される時に、私がプレゼントしたものです^^
看護師さんがきれいにお掃除して、飾ってくださっていました。
b0108363_18594495.jpg

b0108363_190236.jpg

絶対にブレることのない、一貫した姿勢を持つ
世の中のために、徹底して自分の持つ力を生かす

決して目立たないけれど、本当に気持ちのいい
生きる姿勢を示してくださる先生です♪

すごく褒めちゃいました。
「おい、ほめ過ぎだぞ」と言われそうです(笑)

こういう素敵な方々に応援してもらえる私は
つくづくしあわせ者だと思います。
[PR]
by educare | 2013-08-26 18:58
またまた定員を大幅に超えて、満員御礼です038.gif
皆さん自ら「是非参加したい」とご自分で判断され、自主参加です。
実は、そういう方でないと、参加をご遠慮いただいています。
一語一句聞きもらさないぞという気迫がすごいです。
b0108363_21433496.jpg

b0108363_21444387.jpg

b0108363_2144461.jpg

力を使い果たしました…
ご褒美にモンブランのケーキを、スタッフみんなでいただきながらの反省会。
私にとってはかけがえのない仲間です。
そして、その仲間が、どんどん増えていることが
嬉しくてたまらないのでした053.gif

早く、事務所を持ちたいです。
どんどん増えている仲間たちのために、ベースキャンプをつくっていかなくちゃ066.gif
b0108363_21453380.jpg

さて、今日は、以前近所に住んでいた男の子が
どうしても息子に会いたいと連絡があり、遊びに来ました。
(近所に住んでいた頃、息子は弟のようにかわいがっていました)

私は朝から仕事。
なので、焼きカレー(チーズ・刻みトマトをトッピングしてオーブンで焼きます)の準備をして
家を出ました。「好評だったよ」と報告。よかったです060.gif
b0108363_21455846.jpg

[PR]
by educare | 2013-08-24 21:42
CCS(チャイルド・ケア・スタディ)とは事例検討のことです。

困っていることの背景を、広く網を張って、深く掘り下げ
いろんな角度から見ていき、問題点を明確にして、解決策を探すプロセスのことです。

個別指導計画のようなものですが、独自の大切にしている視点がいくつかあります。それは…

058.gif家族に思いをはせること・両親の関係や母親のメンタリティーは特に重視!
 (子どもの気がかりを正しく読み取るには、家族のあり方が重要だからです)

058.gifどうすれば成長を促せるだろうかに目を向けること
 (問題行動に注目するのではなく、何に困っているんだろうと、その背景を見ていく)

058.gif診断名に振り回されない
 (発達障害とは、限りなく正常範囲に近いものも拾っていく診断である以上、重視すべきは固有の特性という視点を大事にする)

058.gif問題をパターン化して処理しない・問題解決保育にしない
 (絵カード・シグナル表示etcも良いが、テクニックに頼りすぎると、子どもの本当の姿(心の声)が見えなくなるので、使い方を吟味する)

058.gif解決の糸口は、その子の好きなこと、いいところ、問題行動を起こさない場面に鍵がある
 (問題行動には必ずきっかけや意味が含まれている、それを読み解くためにも多角的な情報収集を怠らない)

058.gif見立てを間違えないこと
 (なぜ?それで?を繰り返す(5~6回)と、問題の本質が浮き彫りになってくる。何が困っているのかを絞り込むことに集中する)

058.gif目標設定には優先順位が大事⇒園生活を安心できる場にする→集団の流れに沿えるようにする
 (特に加配の先生がつく場合、ただ見守るだけではダメ!必ず裏付けを持ち、目標に向かい働きかけることを重視する)

などなど…。
b0108363_16105142.jpg

すると、どうでしょう!嬉しいことに、たくさんの感想を寄せてくださいました!
是非お読みください。感想を読んでいるだけで、先生方がどれほど力を付けているのかがわかります。
b0108363_16114298.jpg

072.gif今までの研修と違い、恭子先生の研修は、必ず方向性を見出してくださいます。
(ありがとうございます!)

072.gif専門家の方の「気になる子」についての研修に参加する機会があり、テクニックをたくさん教えてもらいましたが、テクニックに頼りすぎてしまうと問題行動を減らすためだけのパターン化した対応に終始しその子の気持ちに寄り添えない、一方通行の保育になることもあるのではと気がつきました。

072.gif専門家の方からのアドバイスは難しいものが多く、現実的ではないことが多くて困っていましたが参考にさせていただくことはあっても、主体性は自分たちが持つ、でいいんだとわかってほっとしました。

072.gif問題行動を減らすためにどうしたらいいかだけではない。
その行動が意味する「サイン」を読み取ることでアイデアが生まれてくることがわかりました。

072.gif子どもの問題行動にばかり気を取られ、心の声に耳を傾けていないことに気がつきました。

072.gif全員でいい方向に導いていくこと、そしてまだまだやれることがあると共通理解ができました。

072.gif問題行動を止めることばかりに気を取られていたことを大変反省し、納得しました。

072.gif指導方法は、上下関係なく、みんなで意見を出し合い取り組むことが大事なんだとわかりました。

072.gif今日はすごくすごくためになる研修をありがとうございました。
いろんな気になる子がいますが、やはり「家族」という存在が大事だと思いました。

072.gif私は、まだまだ勉強するべきことがたくさんあると思いました。
気になる子の保護者にはしっかり伝えることが大事、けれどもすぐには受け入れられない葛藤が
想像以上にあることも理解し、丁寧に関わっていくことが大事だとわかりました。

072.gifすぐにでも実践したいと思ったのは、良いところを見つけてそこを伸ばし
そこから問題解決につなげていくことです。

072.gif困った振る舞いには「なぜ?」とその都度考え、よりところと組み合わせて解決策を考えていきたいです。

072.gif園にはたくさんの職員がいるのですから、自分だけの見解に終始せず、他の先生方と話し合って
一人ひとりの成長を考えていきたいです。

072.gifCCSを受ける度に、行動の意味・背景が見え、「こうしてあげたい!」という見通しが見つかります。

072.gif子どもは、褒められたい、抱きしめられたいと愛着を求めてきます。
「園に来てくれてありがとう。先生も友だちも君のことが大好きだよ」と絶えず伝えていきたいです。

072.gif本人が自己肯定感を感じ、園が心地よく、楽しい!やってみたい!友達と遊びたい!という気持ちを
育てていきたいです。

072.gif吉田先生の保育の価値観として、子どもに寄り添い、自己肯定感を高めることで子ども自身を
成長させることにつなげる…素敵に感じ、尊敬します!

072.gif診断名がついていても一人一人違います。その子をよく見る、皆で意見を出し合い工夫する
保護者も先生も、みんなが肯定的になれたらもっといいなと感じました。

072.gifそれにしても、保護者がこんなにも不安定に揺れることを知りませんでした。

072.gifかつて困った行動に「×」印をつけたことがありましたが、効果は数日でした。
「×」というのは、圧迫感がほかの子どもたちにも伝わるので
保育の中では使い方を気を付けたいと思います。

072.gif障害と見るのではなく、特性としてみると気が楽になり
さらに働きかけるべきこと、掘り下げるべきことが見えてきます。

072.gif集団がダメでも、2人の中で約束を決めていけば、その中から「流れ」がつかめるようになっていく。
1対1の対応を大切にしていきます。

072.gifこのお母さんはあまり協力的じゃないなと思うのではなく、一番悩んでいて、葛藤しているんだと
その思いを共有できるようになりたいと思いました。

072.gifずっとモヤモヤし、焦る気持ちがありました。でも、実はよいところも沢山あり
その面をほかの子どもたちや保護者の方に伝えていきたいです。

072.gif園内でも気になる子の研修があり、共通理解をしていたつもりでしたが
今日掘り下げてみて、こんなにも背景があっての行動だったんだと
深く深く掘り下げる必要性がわかりました。

072.gif保護者の気持ちを知ることができ、不安に思っている保護者に何か手助けできるようになりたい
もっともっと知識や経験を積みたいと思いました。

072.gif前回の研修でも、問題整理について教えていただき、自分が一体何に困っているのか
それを無くすためにどうすればいいのか考えると、整理整頓しやすく、流れをつくる習慣が出来ました。

072.gif今日のお話でもあった、診断名にこだわらないこと、私もそうお思います。
凸凹は多少なりとも皆持っているものだし、それをプラスにとれるかで人生は大きく変わっていきます。
一番は園が安心できる場になるように働きかけること。
トラブルが起きても、その善悪を問うのではなく、子どもの心の声に耳を傾けることが大事だと思います。


いかがでしたか?
すごいと思いませんか?
私は、この園はすごいことになるぞ!と感じています。

いい循環を作り出すには、CCSなんです!
問題を一人で抱えず、皆で共有し、知恵を絞る。
助け合うことで緊張が解け、心に余裕が生まれることで
先生のまなざしが温かく、肯定的なものになる。

すると、必ず子どもたちが変化してくるのです。
子どもたちが変化すると、いち早く保護者が気づき
先生方への信頼が増す。
先生方は自信を得て、更なる向上心を膨らませていくからです。

きっかけは、CCSです。

そして、この重要性を実感し、取り入れたいと考える
園長先生を始めとする主任の先生、リーダーの先生方が
中心になり、上下関係を超えて意見を出し合う風土を作り
職員を引っ張っていく…この園はますます素敵になるだろうな。
楽しみです♡


058.gifトイトレトレーナーとは…
「家族支援マイスター」ホームページでご紹介しています
こちら→http://kosodate-meister.webnode.jp/


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-22 16:10 | プロ向け講座
嬉しいご報告メールをいただきましたのでご紹介します♪016.gif

『こんにちは
先月、トイトレ講習会を聞いたものです。

3歳3ヶ月の男の子。
2歳からトイトレを始めましたがおしっこ出来たのは最初頃1回。
講習会に行く前、ようやくトイレで3滴?出たかな?
くらいのレベルで本当に困ってました…。

講習会から帰ってきてから早速実行!!

パンツをはいて、おもらししても
『あ~、残念、がっかり』『次はきっとうまくいくよ!』

先生の言っていた通り3日目、トイレでおしっこが出たのです!!
2日目はなんだかとても我慢しているようで膀胱炎になるのでは?と
中断を考えましたが、先生と息子を信じたのが良かったです!

うんちは一週間位たってからうまくトイレで出るように!
今ではおしっこもうんちも漏らす事なくなりました!

あとは自分から言ってくれると良いですが…(*^_^*)

先生の講習会に参加出来た事が
私自身の気持ちを変え、息子のやる気につながったようです。
本当に助かりました。ありがとうございますm(_ _)m

PS.プログ楽しく拝見してます!先生は本当にパワフルですね!見習わなくては…★』

こういうメッセージは、私たちにとって一番のご褒美です053.gif
トイトレにお悩みの方は、是非トイトレトレーナーにご相談ください^^


058.gifトイトレトレーナーとは…
「家族支援マイスター」ホームページでご紹介しています
こちら→http://kosodate-meister.webnode.jp/


blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/


058.gif058.gif中学受験をとお考えの方
受験は迷っているけれど、知っておきたいという方も、是非この夏おススメです♪
『受験を楽しむ5つの心得』 8月31日(土)14時~16時 山崎製パン年金基金会館
b0108363_975874.jpg

公立の中高一貫校もどんどん増えています。お住まいが都内周辺であれば
受験をさせるべきか、否か…いろんな噂が飛び交う中で、親は迷います。
中学受験は、多分地域性がとっても強いので、全国区のお話ではないかもしれません。
ただ、正直私は、どちらにも、メリットとデメリットがあるなと感じています。

まだ12歳、されど12歳…
もし受験をとお考えの場合、バランスを取りながら受験期を乗り切ることは本当に力が要ります。
人格形成の大事な時期であることを考えると、親も焦らず、深呼吸をして臨んでいただきたい…

子ども中心になりがちな中学受験ですが、その後の長い人生を考えると
受験というチャレンジが、もっと将来にとって大きな大きな宝物にできないかと考えました。
実はそれは、親の姿勢や価値観、バランスの取れた安定がカギだったりするのです。

間違いなくお子さんをしあわせに育て上げていただきたい…
そんな老婆心ながらの、心からの願いとともにたくさんのアドバイスを盛り込みました。
興味のある方、必要とする方にアドバイスを届けたい方、是非♪是非♪
お待ちしております043.gif

詳細はhttp://family-system.webnode.jp/ をご覧ください060.gif

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-21 19:00

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare