<   2011年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

心に残るメッセージ

すてきな贈り物が、子どもたちの入学進学祝いに届きました。
b0108363_1325612.jpg

若さっていいものだ。
体はしなやかだし
感性は新鮮だ。
力も時間も有り余っている。
あなたは、どうかそれらを無駄にしないように!
十分に楽しみ、十分に悩むように。
そして何よりも
本をたくさん読むように!
≪1996.2.29≫

15年前、亡き夫が娘にあてたメッセージです。

好きな本を買ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医師でありながら重い病を抱え
闘病を繰り返し亡くなった従兄がいます。
彼は、京都大学医学部首席という優秀な頭脳を持ちながらも
若くして不治の病を抱え、その上で医師となりました。

そして、妻とまだ幼かった一人娘を残して亡くなりました。

一人娘だった彼女は、父親の意志を継ぎ医師になりました。
国家試験も無事に合格し
「しっかり勉強し、きっと良いお医者さんになります」
と連絡が来たのは1週間前のこと。

そして今日、奥さまから子どもたちに
お手紙と図書券の贈り物が届きました。

ご自分の死期を知りながら
メッセージに込めた想いはいかばかりだったかと胸が痛みます。


本は、人の賢さと心を育てます。
今の時代、そのどちらも上手く育っていない大人の多いこと。
子どもだけでなく大人こそ
貪欲に本を読んで欲しいなぁ…と思います。


『幼稚園か保育園かという議論』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
では、子育てに役立つ情報を随時掲載しています♪
ママもパパも専門家の方もどうぞ☆お待ちしております
058.gif058.gif058.gif
[PR]
by educare | 2011-03-31 13:25
愛知県名古屋市にあります鳴海ケ丘幼稚園にお邪魔しました。
b0108363_2191942.jpg

先生方の職員研修です。

『未曾有の災害に遭い、一瞬にして多くの命が失われました。
世界中の技術を集め、安全だと謳われた原発…
その信頼が根こそぎ崩れ
目に見えないものの恐怖に震えています。

これから先、一体どうなるのか…
じゅわじゅわ迫りくる経済への不安も感じる中で
みなが力を合わせて一丸となって
この難局を乗り切らないといけません。

幼稚園か保育園かなどど言っている場合ではありません。

よそ者がよく知りもしないのに
勝手なことを言っているかとお思いになるかもしれませんが
同じ子どもを見つめている者同士
お互いを認め合い
力を一つにして
次世代の子どもたちを守り支え
生きて行く力を育てていかなくちゃいけないのではないでしょうか…』

本当に勝手な言い分を言いたい放題お話しさせていただき
申し訳ありませんでした。

でも、さすがです。

究極の異質性である私の話を聞いて
「感動した!」とおっしゃってくださいました。

すばらしい出会いをありがとうございました。
[PR]
by educare | 2011-03-31 10:57

勇気をもらうメッセージ

友人が、今一番勇気をもらっているメッセージといってメールしてくれました。


宣誓

私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。­
今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ
私たちの心は悲しみで­いっぱいです。
被災地ではすべての方々が一丸となり
仲間ととも­に頑張っておられます。
人は、仲間に支えられることで
大きな困難­を乗り越えることができると信じています。
私たちに今できること­。それは
この大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。
がんば­ろう!日本。
生かされている命に感謝し
全身全霊で正々堂々とプ­レーすることを誓います

岡山県代表
創志学園・野山慎介主将


すごい!!
感動!!

人はいかに生きるべきかの思いを込めて
命はこうして脈々と受け継がれていくのですね。

がんばれ日本!!
[PR]
by educare | 2011-03-28 23:08

旅立ち

地震の影響で、延期になっていた学生たちの卒業式が行われました。
b0108363_1803858.jpg

そこで、仙台にある系列校の学校で
実習先で地震に会い
いまだ安否の確認がとれない学生がいることがわかりました。

先生方も必死に探すのですが見つからない…

無事に避難できた学生たちは学校で避難生活を送っているそうです。
こちらの学校から送られてくる物資を使って炊き出しを始め
周囲の方々にふるまっているといいます。

日本中が震えている大変なさなかにいて
社会人として一歩を踏み出さなければならない彼らを思うと
なんとしても、元気に笑顔で送り出してやらねばと思い駆けつけました。

もう補講や追試を心配してハラハラしながら
テストの採点をすることもないんだな…

もう授業中に寝かさないようにするために
あれやこれやと知恵を絞ることもしなくていいんだな…

もう教壇に立ち
彼らの名前を呼ぶこともないんだな…

3年前にはじめて会った時には
不安げだった眼差しも
今日は堂々としていました。
[PR]
by educare | 2011-03-28 18:20

気づかせない善意

久しぶりに友人と会いました。

彼女は、病いを抱えながらも
人を助けたいという信念を持ち
実践している医師です。

歯に衣着せぬ言いっぷりと会話の面白さが
いつも私を惹きつけます。

炊き込みおこわを作ったから食べて行ってと
忙しい身でありながら、もてなしてくれました。

時々こうやってゆっくり会っては
くだらない話に大笑いしたり
かと思うと世の中のあり方を論じてみたり
いつも時間があっという間に過ぎていきます。

心おきなく何でも話せる関係なのに…それなのに…
今日まで全く知らされていなかったことがありました。

彼女…
「実はさぁ私、3年前から『あしながばばあ』をやっているのよ」と言います。

「・・・はぁ?…ばばあ?何それ…」

「高校に行きたいという子のね、夢を叶えるってやつ」

「え?そうなの?知らなかったぁ…」

昔から彼女は、教育の大切さをいつも強い口調で熱く語っていました。
そしてその言葉通り、いろんな事情で親を亡くした子どもたちの親代わりとなって
高校卒業まで資金援助をしていたのでした。

驚いたのは、言葉だけでなく行動を起こしていたということ。
しかも、これまで何度も会っているのにそのことには触れず
たまたま今回、やっと一人の子を卒業させることが出来たんだと
嬉しそうに話してくれたのでした。

胸が熱くなりなりました。

≪言葉ではない、その人の振る舞いの中に真実がある…≫
かつて私を育ててくださった恩師が言っていたことばが
しみじみと思いだされたのでした。
[PR]
by educare | 2011-03-27 21:38

ことばに癒されて

『人間』 これをどう読みますか?

多くの方は『人間(にんげん)』と読みます。
でも、実はもっと多くの読み方があるんです。
そして意味も様々…

『人間(じんかん)』と読むと仏教用語となり、現世を指します。

『人間(ひとま)』と読むと、誰もいないひとりの時間という意味を持ちます。

『人間(ひとあい)』と読めば、人との交わりや人づきあいという意味が込められます。

人は一人では生きていけないいきものです。

常に人との関係で悩むし傷つきますが
人とのふれあいで癒され生きる力を得るものです。
いろんなことが次々と起こる今は
≪ひとあい≫という優しい響きの中にいたいな…と思います。
[PR]
by educare | 2011-03-27 10:00

俳句に寄せて

江戸時代中期に活躍した俳人 加賀の千代女 という女性がいます。

朝顔に 釣瓶(つるべ)とられて もらひ水

という優しい句が有名です。

朝、井戸の水を汲みに来てみると
朝顔のつるが、つるべを吊るした縄に巻きついている。
つるを切ってつるべを使うのはかわいそうなので
隣の家で、もらい水をした…という句です。

彼女の人生は波乱に満ちていました。
結婚するも1年で夫は病死。
実家に戻りますが、彼女も病弱で
また、家族(両親、兄)が次々倒れ
家を支えなくてはいけなくなります。

好きだった俳句も出来ずに暮らす日々…

実はこの時期に
彼女の内面はどんどん充実していきます。
その後10年余りにわたって、めざましい力を発揮していくのです。

とんぼつり 今日はどこまで 行ったやら

千代女の句ではないかと言い伝えられている句です。
子どもを亡くした親が
悲しみを紛らわせるために
わが子はいつもどおりに
大好きなトンボとりに出かけたんだと思うようにしているという
深い悲しみと子を思う親の愛情を感じさせます。

苦しい時こそ
内面の深い充実がつくられていくんですね。

これまでも日本は、たくさんの困難を体験してきましたが
その都度、踏ん張り、立ちあがって今を築いてきた
先人たちの気持ちが少しだけわかる気がしました…。
[PR]
by educare | 2011-03-26 11:10

『大丈夫♪』の声

遠方にいる方々は
ニュースから見る東京の様子を
とても大変な事態だと思っていらっしゃるようです。

京都の親せきは、テレビを見て
すぐにお米といろんなものを詰めた大きな段ボールを送ってくれました。
その後も「水はある?」「お米は足りている?」とメールをくれます。
(我が家は赤ちゃんはいないんですけどね^^;)

九州の親せきは
都心にいる親せきに送るために買占めが起き
こちらも店頭の陳列棚には物がないといいます。
そして宅配便は満杯状態で
『関西までしか受け付けないっていうのよ…大丈夫?』と電話がかかってきます。
そして、もういっそのことこっち(九州)に疎開していらっしゃいとも言います。

…大丈夫ですからご安心ください。

遠くにいるご家族は、心配でならないのだと思います。
普段離れていても、いざという時に気づかってくれる人がいるということに
ありがたいな…と気持ちがあたたかくなります。
こんな時です。
『大丈夫♪』の声をたくさん聞かせてあげましょう^^
[PR]
by educare | 2011-03-26 07:30

放射能除去対策☆

ブログのアクセス数がケタ違いになっています。
私も含めて、みな不安なんですよね。

どこを基準にしたらいいのか
どこまで気にしたらいいのか

とってもわかります!
なので、私なりの役立つ情報をいろいろ拾ってきますので
「うん!これはいける!」と思われたものをお持ち帰りくださいね^^

☆放射能除去作戦☆
≪その①≫
どうも放射能は花粉のようなものらしいです。
空気中に漂っているので、ぱっぱと払う
野菜なら水洗いする、ゆでる、ついでに冷凍保存するとOK!

≪その②≫
お馴染になった『半減期』があることをお忘れなく!
ここがいつも忘れがちのようです。
ヨウ素は8日目で半分になり、2~3週間で消えるらしいです。
なので、心配なら野菜は茹でて冷凍保存♪ …→食べる頃には減っている!

≪その③≫
今回の水問題ですが、どうも雨が要因みたいですね。
つまり、空気中に漂っていた放射能が雨で川に流れ込み
貯水場に集められたというもの。
なので、今後も雨のあとは一時的に上がる可能性があるという心積もりと
慌てずに、天気予報も参考にした水の購入♪

≪その④≫
水が危険!と思い過ぎて、水分の摂取量が減ってしまわないようにご注意を。
その方が本当に危険です!
母乳を与えているママはもちろんのこと
お子さんにも十分な水分摂取をさせてあげてくださいね。
一方で、不要な物質は尿でどんどん排泄されるしくみがちゃんとあるのですから。

≪その⑤≫
小さいお子さんをお持ちの方は、少ないミネラルウォーターをどう配分するかも悩むところ。
皮膚からは吸収しませんが、粘膜からは少量の吸収があるようです。
なので、ゴックンと飲み込む場合を最優先にしましょう。

食べ物・飲み物…→ブクブクのうがい…→手洗いやお風呂には不要!

≪その⑥≫
赤ちゃんや小さなお子さんを持つママを最優先に!!
我先にと買いたくなるのはわかります…
こんな時だからこそ、冷静に、冷静に…本当によく考えましょう。
小さいお子さんであればあるほど、臓器が未熟で細胞分裂も激しく
影響がいきやすいのです。
大人は大丈夫!!まだ人生が始まったばかりの子どもたちを
みんなの手で最優先に守りましょう!!


大人は身軽だし、不自由なく長蛇の列にも並べるでしょうが
小さなお子さんを抱えたママたちは
それはそれは本当に大変なんです。
『お先にどうぞ…』という優しさが届けられるくらいの大人の余裕を見せようと思います^^

『コミュニケーションは発信したものの結果』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
では、子育てに役立つ情報を随時掲載しています♪
ママもパパも専門家の方もどうぞ☆お待ちしております
058.gif058.gif058.gif
[PR]
by educare | 2011-03-25 10:34

b0108363_8572740.jpg

補講で都内に来ています。
コンビニにロックアイスがたくさん売られています。
溶かして煮沸したらどうかな…

『コミュニケーションは発信したものの結果』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
では、子育てに役立つ情報を随時掲載しています♪
ママもパパも専門家の方もどうぞ☆お待ちしております
058.gif058.gif058.gif
[PR]
by educare | 2011-03-24 08:57

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare