<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

良いお年を…

私にとって今年は、このブログを立ち上げたことが大きな出来事でした♪仕事柄ワードを使いこなすことは容易いのですが、パソコン相手に新しいことの挑戦は心理的に尻込みするタイプ・・・。苦手なくせに、時間の合間にちょっと触れてみようかと思い立ったことがついにはまり込み、こんなに楽しいと思えるなんて★ブログを始めて半年間、お付き合いくださりありがとうございました!細々でも続けてこられたのは皆さんのおかげです。次年度はもっとレベルアップさせることを目標にがんばりたいと思います♪
来年はpicottoピコットと共催の子育て支援のプロ養成を計画中です。こちらのご案内もしてまいりますね。2007年、皆さんにとってもすばらしい年となりますように…。
[PR]
by educare | 2006-12-31 07:05
先日、娘のママ友達と夜一杯やりました。我が家以外皆さん幼稚園ママを経験された方々で、幼稚園のママライフの濃厚さに改めて感慨深く「よくがんばったよねェ」と懐かしんでおられました。保育園だと、皆親は働いているのでお迎えの時間帯もバラバラ…むしろもうちょっとだけ関係を深めたいわ★と感じることが多く、卒園間近かになってやっと親睦が深まるものなのです。でも幼稚園ライフの3年間はなかなかしんどい面も多々あったようです。そしてお子さんが3人目ともなると、どうにかして上手く立ち回り、濃厚な付き合いにならないように気をつけるのだそうです。あまり知られてない幼稚園ママライフ…私の講座でもご要望の高い「親同士のおつきあい」…よい経験となるには、やはりどこかで片足自由にしておくことで生まれる心の余裕が、思った以上に大切になるようです♪
[PR]
by educare | 2006-12-27 12:37

メリークリスマス☆

ドキドキの朝を迎えました!皆さんのおうちはいかがでしたか?我が家では、例年通りメッセージカードとともに子どもたちにステキなプレゼントが届いておりました。あの輝いた笑顔が見られる25日の朝は、親もワクワクするものですね。

さて、今日は江戸川区の両親学級に行ってまいりました★プレパパ&プレママの皆様が多数お集まりでした。講演会の後にグループに分かれグループトーキングに参加してまいりましたが、いやぁ~なかなかステキなパパ、ママにお会いでき、とっても楽しい時間でした♪お腹をさするママを横で心配そうに見つめるパパの優しい眼差しが印象的でした♪

さて、先日面白い書籍を見つけましたのでご紹介します。日本の精神分析の創始者、故小此木啓吾先生が翻訳された「知脳革命」ロバート・スタンバーグ著~です。
IQを絶対視する危険が説得力ある解説でわかりやすく伝わってくる一冊です。人生を成功に導く能力とは何か…それは分析的知能・創造的知能・実践的知能…という3つを事例とともにわかりやすく書かれていますので、興味のある方はご一読を♪
[PR]
by educare | 2006-12-25 21:58

ため息の一日…

昨晩夜中の2時ごろ、人の怒鳴り声で目を覚ましました。どうも外でケンカをしているような様子。あまりの激しさに夫と警察を呼ぼうか迷いました。そのうちにおさまり、再び眠りにつきました。ところが、今朝起きてみるとお隣の家の軒先に火をつけられた後があり、放火未遂で警察を呼ぶ騒ぎとなりました。我が家は無事でしたが、向かいの駐車場に止めていたどなたかの車の窓ガラスが割られボコボコに・・・。クラクラしました。まさかこんな身近で危険なことが起きるとは。幽霊やお化けが半信半疑の子どもたちに「お母さんは怖くないの?」とよく聞かれますが、生きている人間の方が何倍も怖いものだとつくづく思うのでした。
不安な中、両親学級の講師の仕事を済ませ、大急ぎで合唱部の娘が立つステージへ直行!アグネス・チャンさんと並んでステージに立つ娘の嬉しそうな姿にやすらぎのひと時を過ごしました。年末押し迫り、気の抜けない一日でした。皆さんもどうぞご用心ください・・・。
[PR]
by educare | 2006-12-22 23:15

効果あり!鼻洗浄★

今日で無事に予約されていた50名の方のご相談が終了しました!キャンセル待ちとなられたにもかかわらずお会いできませんでした方々、本当にすみませんでした。次年度も是非にと言っていただいております。スケジュール調整いたしますので、次回こそお会いできることを願っています。

さて、いよいよ今年も残すところ10日!皆さんにとって今年のビッグニュースは何でしたか?我が家のトップニュースは年末に起きた息子の肺炎!この出来事が相当堪えましたので、体力づくりに勤しみたいと思います。友人のママからとてもいいアドバイス♪鼻洗浄がとっても有効らしいです。方法は霧吹きをご用意いただき、鼻からシュッとひと吹きさせます。あとは鼻をかむ要領で鼻腔にキャッチされているバイキンを外に出します。奥まで入れてしまうと痛がるのでご用心だそうです。早速霧吹きを買いに行ってきま~す♪
[PR]
by educare | 2006-12-20 18:47
最近我が家の姫は、幼い時代の自分の話をよく聞きたがります。「私が赤ちゃんだった頃、どうだった?」…『絵本が好きで、もっかい!もっかい!って何度も読んでとせがんでいたのよ』…「へえ~」…

思い出は単なる記憶の問題ではないようです。こうやって語りながら、その時々の情景や気持ちを、うっすらとした記憶の中で辿りながら共有することで「思い出」となるようです。彼女が好む武勇伝があります。保育園時代にいじめっこの男の子がいました。「おいチビ!お前歯は何本抜けたんだ?まだ1本もないのかぁ?」…3月末生まれで体も小さかったので、何かとからかわれ、べそをかいて登園を嫌がったことがありました。その当時はいじわるで怖い男の子だったY君。何度もその話を回想するうちに、「あいつのおかげで私強くなったなぁ~逃げずに戦ったもん。今の私があるのはあいつのおかげだよなぁ」といじめられていた体験が、勝ち誇った武勇伝に摩り替わってしまったのでした。大したお話ではないけれど、まるでサバイバルストーリーのように美化され、「そりゃ大変だったけど、窮地に陥りながらもがんばったんだなぁこれが!」何度も心の中に刷り込まれた思い出は、これからの彼女の人生において出会う窮地を、きっと救い出してくれるのではないかと信じています。
[PR]
by educare | 2006-12-16 21:52
先週から連日埼玉全域を育児相談で飛び回っています。リピーターのママ、初めてのママ…毎日皆さんとお会いするのがとても楽しいです♪今回、割りと多くみられる相談で「おとなしい我が子が心配…」というお話があります。やられてもやり返せず、聴きわけが良すぎて、自己主張ができない…とおっしゃるのです。お話を伺っていると、中には感受性が豊かで、共感力に長け、やり返したくても出来ない辛さを抱えているお子さんの姿が浮かび上がってくることがあります。さあ、そんな場合親としてどう関わったらいいのでしょう…当事者となったらきっと悩むことでしょう。そんな時は、まず、自尊心回復プロジェクト発動です!
「ママに打ち明けてくれたあなたは偉い!」…と、まずは伝えます。
「そんなこと言ったの?それはひどいね」「くやしいね」「その気持ちわかるよ」…同調します。この時、話の主導権はお子さんに持たせます。間違ってもママが横取りなさらないように・・・。ポイントは、お子さんの感じている気持ちの波長にひたすら乗ってあげること!ひとしきり話尽くし、たっぷり聞いてもらえたと感じられたお子さんは、今度はママからの話に耳を傾ける心のゆとりが作られます。もし、忠告が必要な場合は「~してみたらいいかもよ」と優しく促すように伝えます。やり返すことだけが対処方法ではありません。お子さんの持ち得ている力に応じて、対応を変えていきます。要は、今起きている出来事を出来る限りお子さんの“力”にしてしまうことです。このタイプのお子さんは自分から相手に仕掛けたり、攻撃的になることがなく、心の優しい面を持っているのです。自尊心を下げず、次に同じ場面に遭遇しても対処できる自信を付けさせてあげることは、きっと将来大きな力となること間違いなし♪「くやしいなぁ…でも僕もよくがんばったよな…大丈夫!きっとやりこなせるぞ!」
…これまでたくさん支えてもらった言葉を、今度は自分自身に向かって言えるようになりますよ…きっと♪
[PR]
by educare | 2006-12-09 14:44
いや~子どもが肺炎になるということは想像以上に大変なことでした!共働きの我が家は実家も総出でなんとか乗り切りましたが、頼れる実家が近くにない方はどんなにか大変だろうとため息が出ます・・・。
さて、肺炎から生還した彼も今日から元気に登校して行きましたので、ようやく通常ペースに戻ります★夫婦のコミュニケーションでしたね!秘策というほどではありませんが、男女の脳の違いを理解した上で、是非お試しいただきたいのは、男性はとかく「~をして欲しい」という明確な提案がある方が動きやすいということです。これはシステム化が得意な男性脳の賜物です。
「今度の週末、気分転換に一人で出かけさせてほしいの」
一日の流れやお世話のポイントを書き出し、お願いしたいオーダー表のようなものを作成します。あとは思いきって家を出るのみ!大きな冒険となることでしょうが、一日俺が一人で世話をしたぞ!という自信はこの上なく“パパ”としての誇りを築いてくれるんですよ。実は「心配だから」と言いながら、離れられないママの方が結構多いんです。五感を研ぎ済ませ言葉を話さないわが子とコミュニケーションをとっていくという醍醐味をママが独り占めしないであげてください。
[PR]
by educare | 2006-12-05 17:24

息子が倒れました!

今週あたまから我が家は大変なことに…。なんとあの元気な下の子が肺炎に!入院が必要なところを体力落ちずよく食べるということで通院対応になり、毎朝点滴に通うことになりました。悪いことは重なるもので、嘔吐下痢症でごった返している待合室で4時間も過ごした彼は翌朝嘔吐下痢にも罹ったのです。実は2週間ほど前から風邪をひき、かかりつけでマイコプラズマを疑い薬をずっと飲み続けていたのです。にもかかわらず微熱が取れない状態に不安を感じ、レントゲンを撮れる病院に受診したところ、左肺に立派な白い影が…。一昨年肺炎で兄を亡くした私にとっては一瞬クラッときた瞬間でした。マイコプラズマはマイナス、溶連菌もマイナス、アデノイドもマイナス…そうなんです。全然効かない薬を彼は2週間もしっかりと飲み続けていたのでした。今年の風邪は要注意ですよ~診断の見極めがとっても難しいようです。
[PR]
by educare | 2006-12-01 16:39

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare