<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

とかく男性はコミュニケーションが苦手です。昔々の大昔、危険いっぱいの外界に繰り出し、槍を片手に、やるかやられるかの勝負に出て、獲物をしとめて持ち帰ることが期待されていた男性は、人間関係力を発達させる必要性はありませんでした。女性はというと、確実に子孫を残すことを期待されていましたから、五感をフル回転させて「元気かな?」「お腹空いてないかな?」と様子を伺い、育児も共同で行っていましたので、他人の気持ちを感じ取る能力が発達したのでした。最近の講座では、なるべく参加された皆さんのお話を聞くようにしているのですが、そこで気がつきました。本来の男性脳に加え、不得手だった人間関係力を発達させたパパをお持ちのご夫婦はとても仲がよく、おのろけ話を聞く機会が多いということ・・・。う~ん、うちは期待できない・・・とお感じの方へ。大丈夫!ある程度の開発は見込めるのではと考えています。極端な男性脳だと難しい面もあるのですが、こちらのアプローチも一工夫するとこれまでとは違った会話の展開が来るのです。・・・・詳しいお話は次回へ★
[PR]
by educare | 2006-11-27 20:53
お台場・神戸を合わせて今回で4回目となりました「検証!育児ストレス」講座&グループディスカッション。いやあ~本当に面白い企画です!今回も参加されたパパ・ママから楽しいお話がたくさん聞けました。それにしてもさすがIBM!子育て支援をここまで企業が主体となって後押しされているなんてうらやましい限りです。今日ご参加のIBMのパパ・ママも本当によくがんばられておいででした。大きな改革はすぐには無理でも、個人の小さなミクロの動きなら今日からでも何かできるはず・・・子どもは成長し続けています。どうかステキな家族運営をなさってください!応援しています♪大事なのはplan-do-check!
[PR]
by educare | 2006-11-26 00:35

しつけはパパ語で★

この時期になると埼玉全域10ヶ所で育児相談の仕事がスタートします。ある健保組合主催のため、対象者が限定されてしまうのですが、年々希望者が増え、今回は30組近くの方がキャンセル待ちをしていただいているようです。すみません・・・。さて、今日もそのお仕事で越谷まで行ってきました。お悩みは様々なのですが、多かったのが「しつけ」★自我の芽生えが盛んな時期のお子さんを2人も抱えたママは、かわいそうに本当に疲れきっていました・・・。そこでワンポイントアドバイス!パパ語をフル活用してみてください。声のトーンを下げ、低く、はっきりとした強い口調で、その場で、端的に!これが注意を伝えたい時の子どもの耳に入りやすいのです。その後の「よくがまんできたね!偉いよ」というフォローもお忘れなく♪
[PR]
by educare | 2006-11-22 18:56

音羽事件から7年…

ちょっと昔の事件になりますが、音羽事件をご存知の方は多いかと思います。かねてからゼミ教育でこの事件を取り上げ、多方面から文献を取り寄せては学生たちと検証を重ねてきました。先日、古本屋で佐木隆三著の音羽事件検証の本を偶然に見つけ、再び読んでみました。あの事件から7年…果たして母親を取り巻く育児環境は変わったのでしょうか。小学校受験に数百万をかける家庭、どこの幼稚園に通わせるかが母親の人生をかけた大きな悩みになってしまっている現状、狭い閉鎖的な環境の中で繰り広げられる妬みや嫉妬、嫌悪感や憎しみ、そして些細なことで沸き起こる優越感の波…
尋常な世界ではありません。出来る限りのことをしてあげないと我が子はまともに育たない・・・とまで追い詰められているかのような強迫的感情。家族の規模が小さくなり、閉鎖的になり、連帯感が欠けるような時代の中での子育て…一生懸命な親ほど追い詰められ、バランスを崩してしまう危うさを感じています。私の講座では参加されたママたちがよく涙を流されます。健康度の高いママたちだからこそ、今あるアンバランスさにどこか違和感を感じ、抜け出る方法を懸命に探しているような気がしてならないのです。子育ては一人でやってはいけません!たくさんの助っ人を見つけてください!できれば実家頼りでなく、どこに住んでいようとも、子どもがほしいときに安心して生み育てられるしくみを真剣に考えていかないと…と強く思うのでした。
[PR]
by educare | 2006-11-19 21:42
育児講座が連日続いております♪子育てパパが集まる企画を…と思うのですが、参加者は圧倒的にママ…。なかなか休日に足を運んでくださるパパは少数派のようです。妊娠中の親講座は、予約が1ヶ月前でもパパの参加率ほぼ100%でキャンセル待ち状態なのですが、いざ、子育てがスタートしてからだと、足が遠のいてしまう現状があるようです。それに総じて育児中ママのストレスが急上昇!ちょっとおもしろい現象が垣間見られています。実のところ、育児に参加されるパパにはすばらしい能力開発がなされているのです!創造力・忍耐力・発想力・情報処理能力・・・そしてコミュニケーション能力!今日ご参加くださったパパもなかなかすばらしいものをお持ちでした!スエーデンでは父親講座は女人禁制。出産を終えた妻は、子どもオンリーになりがちなため、バランス感覚を取り戻すには夫が鍵を握る!とエンパワメントを中心に、夫婦生活も含めたアドバイスがなされるらしいのです。極秘侵入し、是非聞いてみたいものです・・・。
[PR]
by educare | 2006-11-18 15:11
今日はベビーデイ最終日でした。「親というお仕事」についてお話してきましたが、そこで皆さんから面白いお話がありました。ご自身のご夫婦関係について客観的に観察された発言が続き、そこで「女性っぽいところがある夫…男性的な部分がある私…」と話されるママが意外に多かったのです。実は、コミュニケーション能力を発揮できる男性を女性っぽいと称され、活動的でバランスのとれたさっぱりしたところがある女性を男性っぽいと称されているようなのです。これは今の時代の男性、女性に新たに開発が求められている能力のようで、これを上手に発揮し、性別役割分担にとらわれず時代に合った能力の転換を見事にされているご夫婦は、なんだかとってもいい具合にパートナーシップを発揮されているような気がしました。子どもを持つという新たな家族の展開は、これまで到底知りえなかった能力まで開発してくれるのかもしれません!いやぁ~子育ては自分育ての何ものでもないようです♪
[PR]
by educare | 2006-11-17 19:16
オーストラリア研修から帰った学生たちと、あちらの子育て事情と日本を比較してどう感じるかという話をしてきました。オーストラリアでは夕方5~6時に両親が帰宅。パパが家事全般担当で、ママが子どもたちの勉強担当と分担している家庭もあり、いずれにせよ日本のように父親の育児時間が平日10分ということはありえないようです。6時半には家族そろっての夕食。ベビーボーナスがどの家庭にも支給されるため、成人するまで一人当たり毎年約20万、出産時に40万、医療費は無料などなどの支援があるとか。そのおかげでオーストラリアでは平均3人の子どもを持てるそうです。ステイした先には20歳・18歳・15歳・7歳などという子持ち家庭はざらにあるとか。母子家庭でも支援が充実し、障害児への対策も乗馬療法からデイケアまであらゆる方面から支援策を検討しているという点から見ても、なんと成熟した国なんだろうと感心させられます。
[PR]
by educare | 2006-11-16 19:02

親子関係は量より質

自閉傾向のあるお子さんは、自分の感じているサインを発信する力が弱い場合があります。親側に何か心配があったり、子どもの気持ちの動きを敏感にとらえられない場合は、心の交流がうまく出来ずに成長していきます。心の土台が不完全でも、年齢とともに集団の中に入っていかなければなりません。当人にすれば心の中は恐怖でいっぱい…。不意に人が接近してくると身構えてしまうこともあるのです。このような傾向のあるお子さんを軽度発達障害と言ったりします。16人に1人というデータもあったりと、とても身近なものなのです。専門医が少ないため、現場の先生方がその都度対応しているのが現状ですが、この分野にもっと関心を寄せ、乳幼児期に関わる大人が適切な対応を心得、親にアドバイスができるまでのスキルを身に付けられる場をつくりたいと最近強く感じています。障害云々に関わらず、幼少時期の心のキャッチボールはその子の将来を左右するほど重要なもの。身近に関わる大人も「応答性」と「感受性」を発揮できるよう、常に自分の心を安定させておく必要があるのです。そのためには、時に子どもと離れ、自分だけの時間を作るように心がけたいものです♪そう!子どもとのふれあいは時間ではないのです。質なのです!
[PR]
by educare | 2006-11-11 17:54
連日、講座の掛け持ち、育児相談が続いております。1才を過ぎ、そろそろ公園でも連れて行かないと体力をもてあましちゃうわ・・・と思い立ち、公園デビューを果たされるママたちがいます。まだヨチヨチだった我が子にもお友達ができ、親にもちょっとした顔なじみができ、子育ても軌道に乗った頃・・・自我が成長してきた子供同士の間でトラブルが頻発するようになります。成長の証なのですが、最初からそう余裕たっぷりで対処できる親はなかなかいません。いつもやられることが多い子、いつもお友達に手を出してしまうことが多い子・・・いずれにせよ、双方の親が悩みを抱え、疲れ果て、時にイライラを子どもにぶつけてしまうこともある・・・そんな大忙しの時期があるのです。そんなママにひとこと!無理して一箇所の公園に行き続けなくていいんですよ♪こっちがだめならあっちがあるさ♪これを機会にいろんな所に居場所を作ってしまいましょう!育児は楽しまなくちゃ損ですよ!だって、すぐに大きくなってしまうのですから・・・もったいないもったいない・・・
[PR]
by educare | 2006-11-09 21:47

クリスマスツリー登場★

我が家ではいつもこの連休でクリスマスツリーが登場します♪家中クリスマス一色★気分も不思議とウキウキしてきます♪毎年サンタさんから英語のお手紙が二人に届きます。イブの晩、寒い中来てくれるサンタさんのために、ミルクとクッキーを用意する子どもたちへの感謝の手紙です。今年は…お姉ちゃんはもうサンタさんは無理かな…と探りを入れながらも、親子ともどもわくわくするイベントがやってきます♪
[PR]
by educare | 2006-11-05 16:11

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare