カテゴリ:おススメの本・映画( 5 )

おススメの本:-*

そうか…
そうだったんだ…

読むたびに唸っています。
b0108363_172148.jpg

「うつ病」が急増したわけも
診断出来ても、これといった解決策がなかなか見いだせないのも
特効薬だと騒がれながら、副作用のトラブルが絶えないのも

「悲しみ」「不安」を悪いものと捉えるアメリカと
生きる以上避けられないものであり
人として愁いを抱き生きていくことを
人生の奥深さとして
道徳的な文化を持つ日本。

悲しみを悪い感情として取り除くことに勤しむより
じっくり自分と向き合うことで得られる「人としての成熟」の一過程…
という見方が出来る日本て、素敵だなと思いました。

アメリカの診断基準をベースにして
世界中に、一律に、同じ基準を持たせるという
そもそもの無理さが、この混乱を招いている…納得です。
SSRIも、DSMも、うのみにせず、客観的に見る目を大事にしていきたいなと思いました。

それにしても、医療と製薬会社の切っても切れない関係。
日本の貿易赤字の大半が医薬品だという事実が
なんとも割り切れない、すっきりしない気分にさせられます。
真実って、その多くがベールに隠されているんだろうなあ…

さて、御茶ノ水。
青春期を過ごした場所で、特に、朝早いこの空気がたまらなく好きです。
b0108363_1703395.jpg

b0108363_171844.jpg

さて、幼稚園で子育てを学ぶ「子育てcollege」は
毎回、回を重ねるごとに、とってもいい場になっています。
b0108363_1713987.jpg

知性あふれる、素敵なママたちとの時間が
私にとって癒しであり、学びになっています。

ありがとうございました。
[PR]
by educare | 2013-10-21 16:59 | おススメの本・映画

読書会:-*

いつか必ずやりたいことの一つが「読書会」です。

仲間と集い、互いにお勧めの本を紹介し合う。
小説でもエッセイでも詩集でもいいのです。
どのあたりが「よかった」とか、「こんなこと考えちゃった」とか
思い思いの感じたことを語り合うのです…楽しいだろうな♡

さて、忙しい合間に今読んでいるのがこちら。
緩和ケアの医師で、1000人の患者さんを看取る中で
実践している傾聴を紹介。
b0108363_23175849.jpg

自分の存在が揺らぐときに感じる痛みを
*未来の消失
  …全てが終わってしまうと感じ、将来や未来を描けなくなる時の痛み

*関係の消失
  …周囲の人と心のすれ違いなどから孤独感を感じる痛み
 

*自分のことを自分で決める力の消失
  …できることがどんどん少なくなり、生きている意味があるのだろうかと
    自分で自分をコントロールして生きていくことすらできなくなることで感じる痛み

心の痛みに、ただひたすら耳を傾けることで、その痛みを緩和していくというすごい力が
「傾聴力」にはあるんですね。

17歳で亡くなった少女の言葉
手紙~親愛なる子どもたちへ~

本の中で紹介されている詩ですが、不思議と悲しいだとかつらいものではなく
癒される感覚に包まれます。
医療関係者だけでなく、人とかかわるお仕事をされている方
子育て中の方にもおすすめです♡

blog吉田恭子の子育てひろば http://ameblo.jp/kosodate-educare/
講演・研修・子育て相談のお問合せ yoshidakyoko.kosodate@gmail.com 
家族支援マイスター養成講座 http://kosodate-meister.webnode.jp/
子育てcollege・NPO法人ファミリーシステム http://family-system.webnode.jp/

072.gif子育てのあらゆるご相談に応じていただけるプロを目指す
第2回家族支援マイスター養成講座
を開催いたします(先着20名)。詳細はHPをご覧ください。
「家族支援マイスター」ホームページhttp://kosodate-meister.webnode.jp/

『吉田恭子の子育てにしあわせを届ける知恵袋』
のバックナンバー・配信希望・停止希望はこちら
http://archive.mag2.com/0001590355/index.html


子育て講座や職員研修・メール相談

に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。
(返信をさせていただくのですが、戻ってきてしまう方が多数いらっしゃいます。
セキュリティーではじかれてしまうようですので、お気を付けいただけると助かります)
こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

NPO法人ファミリーシステムの子育て講座
子育てcollege
第5回『いい夫婦でいるにはコツがある』
2013年9月10日10~12時(江戸川区タワーホール)
どなたでもご参加できますのでお早めにお申し込みくださいませ♪
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPにお問い合わせください♪
こちら→http://family-system.webnode.jp/
★スタッフブログも心がぽかぽかします。合わせてご覧ください♪

『秘すれば花』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2013-08-30 23:10 | おススメの本・映画

疲れている人に…

「疲れすぎて眠れぬ夜のために」 内田樹著 角川文庫
b0108363_628212.jpg

先日、本好きの娘から「はい、お母さんに♪」とプレゼントされました。

≪疲れ過ぎて眠れない…?≫

「あの…お母さん、寝つきだけはものすごくいいんだけど…」
と言うと

「あら?いつだったか駅の本屋さんでバッタリ会った時に
『これ欲しいな』と立ち読みしていたじゃない」
と言われました。

≪う~ん、記憶にない…≫

疲れているように見えたのか
彼女の真意はわからないのですが
思いがけないプレゼントというものはいいものです。

それではせっかくなので…と読み始めたところおもしろい♪
さすが娘です。私が好む本をよく知っている。

ところが途中、仕事の本を読まなければならず
テーブルの上に置いてちょっと休憩…。

すると夫から
今日なんだか面白そうな本があったから
ごめん、仕事に行く途中で読む本がなかったので借りちゃったよと。

夫の感想…
「さすが哲学者の内田さんだね。示唆に富むいい本だった」

ということで、再び読みすすめていますが
すご~く面白いです^^

「第Ⅱ章 仕事に疲れたら 交換は愉しい」の記事なんか

そうそう♪
どんな仕事でも、コミュニケーションが重要なのよね♪

単調な仕事も
厄介な気難しい仕事も
ああしたらどうだろう、こうしたらいいかもよと
一緒に取り組む者同士が目的に向かって一心にがんばる
この過程が愉しいのです^^

なので、私が思う大事なことは
★目的を見失わない工夫
★豊富な選択肢
★笑いがこぼれるユーモア
★場が和むちょっとした優しさと心配り
★時間と苦労の共有 …かな。

当たり前のことを単刀直入に言われても、心に深く落ちませんが
内田さんマジックがかかると
これが素直に落ちるんです。引用がいいんですよね。

ということで、おススメです♪

あ~ぁ、いつか気の合う方々と
読書会を開催していきたいなあ…



子育て講座や職員研修・メール相談に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。

こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

『園が悩む親からの苦情』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2012-09-09 06:27 | おススメの本・映画

おススメの本

b0108363_2213384.jpg

どんなに忙しくても
ちょっとの合間を見つけて読みたくなる
元気が出る本です♪

「7人の敵がいる」 加納朋子著(集英社文庫)

最初は主人公のすごさに圧倒されながらも
「うっ…わかる…」と深く共感。

ぜひ最後まで読み続けてください。
ホロリとする場面がたくさん出てきます。

いや~久しぶりに
面白い本を読みました♪
これはおススメ出来ます。

働く女性は
ぜひお読みください^^/

痛快!
しっとり…
ホロリ~
よし!

そんな言葉が思わず口をついて
出てしまいそうになります(笑)
[PR]
by educare | 2012-09-02 22:00 | おススメの本・映画
『SO B. IT ソー・ビー・イット』サラ・ウイークス著
b0108363_0295076.jpg

重度の知的障害を持つお母さんと
外出恐怖を持つ燐人のおばさんしか
知らない12歳の女の子が

自分のルーツ
母親のルーツを知りたくて
旅に出ます。

夏休みの読書感想文に
もってこいの本です。

大人が読んでも
ホロリとします^^

実はこの本、生前母に
「なんでも好きな本を買ってあげるから
言ってごらんなさい」と言われ
娘が買ってもらった本なんです。

どういうわけかその時は
子どもっぽい本は買いたくなくて
装丁のきれいなこの本に惹かれて買ってもったそうです。
小学校4年生のことです。

成長に合わせて
感動の度合いがみるみる変化し

高校生になった今も
時々手にとっては一気読みし
最後は毎回、涙を流しています^^

本ていいですね…

心を揺さぶる本に出逢えた数だけ
人の心は大きく、豊かになっていくのだと思います。

夏休みも後半。
親子で同じ本を読み
ぜひ、感動を語り合ってみてはいかがでしょう。

わが家では
子どもたちが推薦する本は
私も夫も、必ず読むようにしています。

子どもの伝えてくる感動を
一緒に感じ合う体験は
心を輝かせます。

ぜひお試しください♪



子育て講座や職員研修・メール相談に関してのお問い合わせは下記へご連絡ください。
折り返し、こちらからご連絡させていただきます。
メール相談はお返事にお時間がかかることをご了承ください。

こちら→yoshidakyoko.kosodate@gmail.com

『臆病・怖がりの有利性』
を掲載しました(↓↓こちら)
『吉田恭子の子育てひろば☆』http://ameblo.jp/kosodate-educare/
[PR]
by educare | 2012-08-19 00:29 | おススメの本・映画

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare