カテゴリ:fami-sys講座( 36 )

『受験を楽しむ5つの心得』講座。
お写真は、スタッフのかわいいピース姿で♡
b0108363_2147769.jpg

個人的には、ものすご~く楽しい時間でした。それもそのはず。
経験談が中心の、主観的なお話を存分にさせていただいたので、大大満足^^
加熱するお受験を、冷静に、客観的に見ようとされている方ばかりがお集まりでした(さすがです♪)
皆さんとっても仲良しになりましたので「また集まりましょう♪」と約束して別れました。素敵だな~

それにしても「気になるなあ」と感じていたことが
私だけではなく、皆さんも同じように感じていたということに
やはりバランス感覚の長けた、素敵な方々がお集まりだ!と妙に納得してしまいました。

子別れという課題を抱えながら、密着することを余儀なくされる受験
膨大な時間とお金を投資しつつも、合格の見通しが立てにくい
毎月の定期テストに一喜一憂させられ
不安な中にいながらも、受験をすることは、お友だちの中でもなんとなく秘密で、誰も口にしない
(合否をめぐり、先々いじめられないように、お互いに傷つけないようにと、歪んだ気遣いがはびこっていると感じています←子どもたちは気にしていません。それにどんなに優秀な子でも、落ちることは十分にありうるし、貴重な経験をバネにすればいいわけです。ただ、そこまでのケアを誰も教えてくないし、個々の親の力量に任されているところに気がかりが発生しています。私は、親が気にし、親が子どもたちの世界を歪ませているんじゃないかと思っているのです。わが子を幸せにと願ったはずが、幸せから遠ざかってしまうパターンも意外と多いのです)

中学受験は、必然的に、親の孤独力と忍耐力が問われるなと感じています。
ところが、この力が弱いと、人一倍不安に揺れ、振り回されることが多くなります。
少子化の中で、塾産業も生徒獲得に必死で
下手すると、塾の先生を過剰に頼りがちとなり、これまた歪んだ大人の世界が展開する。危ない、危ない…
(なぜならば、わが子の将来の幸せを願うのは「親」であり、どうすれば合格できるかを考えるのが「塾の先生」だというこの区別が、あいまいになってしまうからです)

それでも私は、この時期に、子どもたちが勉強を一生懸命がんばることを
悪いことだとは、ちっとも思っていません。
(もう少し受験勉強にあてる時間を何とかできないものだろうか、とは思います)

勉強することは、人生において選択肢も広がるし
幸せに生きていくことに、より近づけるからです。

それに、受験して入る学校には、選び抜かれた素晴らしい講師の先生方がそろっていて
選りすぐりの教材、素晴らしい教授力を兼ね備えていらっしゃいます。
どの教科の先生も、ご自分の専門教科に惚れ込んでいて、研究の時間をお持ちなので
例え苦手な授業でも、とにかく面白い!という子どもたちはとっても多い。

トラブル処理も丁寧だし、学校の理念をちゃんと形にしていることも見事です。
ちなみに、どこの学校でも、子どもたちの抱える問題は同じように起きます。
ただ、問題の起こる量は圧倒的に少ないし、質も違う気がします。
必然的に、対応も違ってくるのは頷けます。

受験の持つ、一長一短・メリットデメリットの要素をしっかりおさえ
思春期の大事な時期の成長をしっかり見守ることを忘れなければ
いい経験になると思いますし、結局のところ「親次第」なんだと思うのです。

わが子の幸せを願う、素敵なご両親を支えたい…
このシリーズは、またいつかやりたいなと思っています。

さて、終了後、大急ぎで学校の講師会議に直行!
するとなんと!卒業生がいるではありませんか。
学生時代を振り返り、教えてもらった立場から、授業の工夫すべき点を教えてもらうという
面白い試みが行われていたのでした。やっぱりさすがの学校です!!こういうところがすごいんだなあ…
b0108363_2147326.jpg

終了後は、またまた大急ぎで駅構内にある喫茶店に移動。
家族支援マイスターを取得された先生から、気になる親子のことでご相談。
現場の誰よりも、問題の本質を見る目をお持ちでした。すごい!!
(美味しいお菓子をいただきました。トロ~りとしている美味しいケーキです。ありがとうございます)
b0108363_21471839.jpg

ものすご―くくだらないことです。
「吉田恭子」と検索すると、美しいヴァイオリン二ストの方しかアップされませんでした。
ところがなんと!今はgoogleではトップ!
yahooでも二番目にアップ!
しかも月に3回程度しか更新していないアメブロがです。
お読みいただいているんですね…これはいかん!
もっと記事を掲載していかなくてはと反省するのでした。
b0108363_21481397.jpg

[PR]
by educare | 2013-08-31 21:46 | fami-sys講座

ランチ付きミーティング

fami-sysの打ち合わせ会議でした。

途中、ランチに出かけました。
b0108363_2235982.jpg

ご近所で、住宅街の中にある主婦の方が始めたレストラン。
箸置きがなんと桜のつぼみ付きの小枝☆
そして心づくしのお料理…

「年をとったらみんなでこんなお店に集えたらステキね060.gif

「私は庭で花を育てる係がいいな056.gif
[PR]
by educare | 2010-03-30 22:45 | fami-sys講座
fami-sys子育て講座が開催されました♪
b0108363_19354718.jpg

生きづらさを抱えた人が急増している…
名付けてパーソナリティー障害。

傷つきやすさをベースに持っています。

なんとか適応して生きていくために
自分を押し殺して徹底したいい人を演じたり
常に自分に関心が向けられているか気にかけたり
自然に身に付けた防衛術…

それが極端にまで偏ってしまった場合
周囲(家族や夫婦関係も含む)とうまく折り合わず
人間関係において、様々な問題を生じてくることがあります。
しかも自立しようとする段階に入った思春期から青年期に多いのが特徴。

甘えているわけでもなく
わがままなわけでもなく
自分勝手なわけでもなく
その根は、深く幼少期の家庭環境に由来するのです。

学校や友人問題がきっかけで表現されてくるかもしれませんが
それはあくまできっかけにしか過ぎず
根源は親子関係の中にある
幼少期からのボタンの掛け違いに見出すことが出来ます…

家族の規模が小さくなった今
子どもの心に大きく安定感を育てていくには
親がもっともっと賢さを持って
真剣に家族と向き合っていかないといけません。

今日の講座は
事例が盛り沢山のかなりレベルの高~い内容でした☆
皆さん、お疲れさまでした!
[PR]
by educare | 2010-02-20 19:35 | fami-sys講座
大好評でした♪
皆さんから
「すっごく面白かった!!」
「とっても楽しかった♪」…と口々におっしゃっていただきました★

きょうだいの数も少ない時代です。
末長く仲良く、助け合っていってほしい・・・と願うのは親としては当たり前のこと。
上下関係や男女の組み合わせでよく見受けられる
陥りやすいマイナス面をた~っぷりと知っていただきました。
将来、是非ともきょうだい関係がプラスに生かされていきますように…
b0108363_18504654.jpg
b0108363_1851051.jpg

午後のfami-cafeも楽しかったです!!
[PR]
by educare | 2010-01-15 18:51 | fami-sys講座
子どもは高い順応性をもって生まれてきます。

どんな環境であっても生き延びるためには
与えられた環境に適応していかなければなりません。

持って生まれた気質を生かし
周囲と折り合いをつける方法を学び
自分の価値を確認し生きる力を蓄えながら
                    がんばります…

兄として
姉として
妹として
弟として

誰も運命に逆らうことはできません。
与えられた環境の中で
一生懸命に生きようとするのです。

どの子もみな
幸せになる権利を持っています。

どの子もみな
持って生まれた運命を生かしながら
人生を謳歌できる可能性を秘めているのです。

それには親や周囲の大人のちょっとした気遣いが欠かせません。

この機会にぜひ
そのちょっとしたコツを楽しく学んでみませんか?

1月15日(金)10:00~
『上の子・下の子・真ん中の子・一人っ子
               ・・・心の背景を知ろう♪』


NPO法人ファミリーシステムのHPで受付中です!
ご参加お待ちしております♪
[PR]
by educare | 2010-01-12 21:03 | fami-sys講座
いつも自分を押し殺してしまい、のびのびしたところが乏しい
・・・このお悩みは上の子さん特有だったりします。
  でも、見方を変えればお友達思いで、忍耐強かったり♪

我が強くてきかん坊、自己主張もはっきりしていてトラブルメーカー
・・・このお悩みは三人きょうだいの真ん中のお子さん特有だったり☆
  でも、見方を変えれば一生懸命自分をアピールしている健気な姿にも見えます。
  (そうしないと、上下にママの関心がいってしまい大変です!)

下のお子さんには、不思議なことにあまりお悩みがないことが多いのです。
ママもどこか余裕があり、少々のことには動じないおおらかさを示します。
その関わり方も影響してか
・・・天真爛漫で朗らかで、行動的なお子さんが多いのも下の子特有だったりします☆

この他にも
いくつ違いできょうだいを持つことになったか。
男同士?女同士?兄妹?姉弟?
きょうだいを将来いい関係にするために心得ておくことは?
一人っ子って何に気をつけたらいいの?
                         ・・・などなど

ちょっと面白い053.gif
でも心に留めておきたい023.gif
そんな知識を得てみませんか?

1月15日(金)10:00~
『女の子・男の子・上の子・下の子・一人っ子☆心の背景を知ろう♪』
NPO法人ファミリーシステムHPでご案内中です058.gif
[PR]
by educare | 2009-12-23 22:41 | fami-sys講座

生活リズムは親次第★

おもしろ~い♪と大評判でした★
≪大雨の中、ご参加ありがとうございました!≫
038.gif「生活リズム★改善2週間プロジェクト」開催

今日から簡単に取り組める2週間プログラムを
具体的にお伝えしていきました。
b0108363_19421594.jpg
b0108363_19423266.jpg

夢を見る睡眠=REM睡眠が占める割合が年々減少の一途を辿ります。
新生児50%→30代のママ25%→70代のおばあちゃま16%

REM睡眠は何をするのか…を知ればなるほど!と納得です☆

ひとつは「学習の記憶」
≪お年寄りの物忘れが年々増してくるのも納得です≫

この他に034.gif
大きすぎるストレスが長期間続くと脳に何が起きるのか
傷ついた神経細胞や線維の修復は眠っている間に行われているらしいこと
睡眠が不足すると、必然的に修復が間に合わず
結果…うつ状態を引き起こすらしいということ
夜更かし・夜泣きの対応策・・・
などなど

脳が疲弊しにくくなるリズムを子ども時代に是非とも育てていただきたいと思いま~す053.gif

次回は…
1月15日(金)10:00~
「男の子・女の子・上の子・下の子・真ん中の子☆心の背景を知ろう♪」です。
同じように愛情を注いでも、同じように育ててはいけません。
それぞれの心の背景を知っていただき
将来生きることを楽しめる子に育てていただきたいと思っています☆
NPO法人ファミリーシステムHPでご案内していきま~す♪
[PR]
by educare | 2009-12-11 19:43 | fami-sys講座
058.gif今朝、タイムリーなニュースがありました。

不登校(小中学生)の子どもたち
年間12万6800人
過去6年間ずっと12万人を超えているという数字です。

不登校を心の問題とだけで対策をたてるには限界だというのです。

学校に行きたがらなくなるきっかけに
夜更かしがあります。

寝付けずに
携帯メールやゲームをして時間を過ごす・・・
どんどん就寝時間がずれ込む悪循環が発生★

実はこの些細なきっかけが
メラトニン分泌を妨げ
やる気を起こすβーエンドルフィンの分泌を抑え
ストレス対策に応じるコルチコイドの分泌を過剰にさせ・・・

その結果
気分のすぐれない体を作り上げてしまうのかもしれません。

そのメカニズムを詳しくお伝えして
子育てにお役立ていただきます☆

12月11日(金)10:00~
NPO法人ファミリーシステム子育て講座開催です!
詳しいことは→http://www.family-systemnext.com

今年最後の講座
「生活リズム★2週間プロジェクト」
の中でも触れていきます♪
[PR]
by educare | 2009-12-10 07:49 | fami-sys講座
うつ病にかかる人の数が年々増加しています。

先日のニュースでは
ここ10年間で2.4倍の増加だとか005.gif

自殺者も毎年3万人を超えています007.gif

「うつ病は心の風邪」という表現で
偏見を持たれなくなってきましたが
ここ数年で、病態生理がずいぶんとわかってきたようです。

うつ病は性格に起因する・・・という考え方は今では古いかもしれません034.gif
怠けているわけでもなく
精神力が乏しいわけでもありません。
脳の中に突如として起きる病変なのです。

うつ病の危険因子を知って
子ども時代から
うつ病になりにくくすることができたら…と思います。
(実は、幼少期の育った環境とうつ病の脳病変との相互関係も研究されはじめています)

日々の生活の中での
ちょっとした考え方の変え方のコツ
取り入れたい生活習慣
心が疲れている時の励まし方…などなど
親子で是非とも実践したい“心のメンテナンスレッスン♪”


今年最後の講座
「生活リズム★2週間プロジェクト」
の中でも触れていきます♪

12月11日(金)10:00~開催☆
詳細はNPO法人ファミリーシステムHPまでどうぞ
お待ちしておりま~す
053.gif
[PR]
by educare | 2009-12-08 19:40 | fami-sys講座
量が減ってしまうとうつ病の原因にもなりうるセロトニンどうしたら分泌が促進されるのか
その特徴がいろいろとわかってきました。034.gif

幼いうちからセロトニンを出しやすくするとでもいいましょうか・・・
そんな生活習慣を自然と身につけられたらなあ。023.gif

4人に1人は
生涯のうち一度はうつ病になるとも言われています。

「恐るべし!生活リズム」のその効果たるものを
存分にお伝えしていく講座を開催いたします☆

うつ病に関心の高い時代ですので
生活リズムに加えて
悲観的思考に入りかけた時の
脱出方法もワンポイントレッスンいたします♪

12月11日(金)10:00~『生活リズム2週間プロジェクト』
NPO法人ファミリーシステムHPにて詳細を掲載中です♪

(今年最後のfami-sys★collegeです!ご参加お待ちしておりま~す)
[PR]
by educare | 2009-12-06 18:37 | fami-sys講座

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare