2006年 09月 27日 ( 1 )

トイレトレーニングは怒涛の2歳にちょうど真っ最中となります。下の子が生まれようものならママも余裕が持てずイライラしっぱなしになることも。でもここはテクニックで乗り切ってください!先日、ある幼稚園で育児相談会を開催しましたが、このお悩みに数人のママが輪になりました。「うんちを隠れてする・・・」というのはほぼ全員の悩み。感覚も掴めているのに、なぜ隠れるのでしょうか。恐らく出かかった時に「あ!待って!トイレに行きなさい!」というママの大きな声と動きにびっくりした経験を持ったお子さんかもしれません。肛門に神経を集中させているところにびっくりさせたれた体験を持ったお子さんは、ドキドキした体験を恐怖に感じて隠れてしまうのです。まずはそばについて「そうそう、その調子」と静かに声をかけ、出たらすぐに取り替えることに終始しましょう。そのうち自分から「ママ出たよ」と言ってきます。そうしたらそっとトイレに誘導します。間違っても「早く!」などとせかさないで。同時進行でトイレでうんちというしつけ本を頻繁に読んであげるのも動機付けになりますよ。中には虐待に近い状態に陥るケースもあるトイレトレーニング。大人になってもトイレでできない人はいませんから、焦らずいきましょう♪
[PR]
by educare | 2006-09-27 19:45

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare