2006年 09月 13日 ( 1 )

両親学級でも度々ご紹介するデータがあります。結婚年数とともに夫婦の愛情がどう変化するのかというものです。結婚5年までの夫婦では、夫と妻双方とも結婚に満足と答えているのですが、その後、夫→妻への愛情は年々上昇するのに対して、妻→夫への愛情が急激に降下していくというものです。夫の学歴や収入、職業、就労時間に関係なく、妻の愛情は冷めていくというのです。この事実、防ぐ手立てはないものでしょうか・・・。調査された菅原ますみ先生は「乳幼児期、特に出産後18ヶ月までの時点で、夫が育児にどれほど協力してきたかどうかで、その後の人生において妻から夫への愛情が深まったり、薄れたりする」とおっしゃっています。今後も父親予備軍の皆さんに是非伝えていきたいと思います。
[PR]
by educare | 2006-09-13 08:26

吉田恭子の子育てeducareにようこそ♪子育てをもっと楽しく、もっと喜びのあるものに♪を目指しています☆ここでは私の日々の暮らしをご紹介します♪


by educare